映画のウルトラマンギンガs 決戦!ウルトラ10勇士!! 『ウルトラマンギンガS』(ウルトラマンギンガエス)は、円谷プロダクションが制作した特撮テレビドラマである。, 2014年7月15日から9月2日までと11月4日から12月23日までの2期、『新ウルトラマン列伝』内において全16話が放送された[1]。, 2013年に放送された『ウルトラマンギンガ』の続編にあたる作品。前作の2年後を舞台に物語が展開され、前作には登場しなかった防衛チームや、もう1人のウルトラマン・ウルトラマンビクトリーが登場する[2]。制作面でもミニチュア特撮の拡充や遠征ロケの増加など、前作よりも規模が拡大している[3]。, 本作品の企画は前作の放送中から既に進められており、平成ウルトラマンのテレビシリーズは長い休止期間を経て各作品を放送していたことから、親が子供時代にウルトラマンが放送されていなかった世代であると自分の子供にウルトラマンを見せるという感覚がないことから、シリーズを始めるには休止することなく続けて放送するものとなった[4]。従来であれば次作品は新たなヒーローであるのが今時の流れだが、前作が全13話であり、続けてスパークドールズを出す方針もあり、キャラクターをもっと掘り下げていくため、既に登場が決定していた新ヒーローのビクトリーを主役ではなく、相棒ヒーローという形で描き、ギンガを主役にした作品となった[4]。, キャストは根岸拓哉と草川拓弥の2人を除いて前作より一新され[注釈 2]、スタッフもメイン監督は前作のアベユーイチから坂本浩一に、シリーズ構成においても長谷川圭一から小林雄次と中野貴雄の2人に交代するなど、刷新を計っている。なお、キャストは坂本の推薦により採用された者も多い[5]。, 日産自動車との共同プロモーションを行っており、防衛チーム専用車両のベース車に日産製の100%電気自動車が採用されている[6]。劇中でも基地が停電した際に実際の電気自動車と同様に予備電源として使用するシーンがあるなど、積極的に活用されている。, ストーリーは、高校生の青春を描いた前作に対し、主人公ヒカルが大人の世界に踏み出していく物語であり、価値観の異なるショウとの関係性が軸となっている[7]。また、「怪獣は仲間である」というテーマも掲げられており、それとの対比として敵のチブル星人エクセラーは怪獣や部下を駒として扱うキャラクターとして描写されている[7]。敵側から味方に転じるアンドロイド・ワンゼロのドラマも、シリーズの重要な要素となっている[7]。終盤で描かれるビクトリウム・キャノンを巡る展開は、これまでのシリーズでもたびたび取り上げられてきた人類の科学技術の暴走をテーマとしているが、本作品では特に福島第一原子力発電所事故後の世相を意識したものとなっている[8]。, 撮影は、同一スタッフで本編と特撮を兼任する1班体制で行われた[9][3][注釈 3]。坂本が本格的なミニチュア特撮を担当するのは、本作品が初となる[10][5]。特撮面では、坂本の要望によりオープンセットでのあおりカットが多用されている[5]。小学校という限定的な空間であった前作とは違い、防衛隊が登場するため、普通の市街地に怪獣が出現したり、飾り付けやミニチュアも豪華となり、CGの活用や火薬の使用が随所に見られるようになった[4]。, 撮影では、フィルムに近い映像が撮影可能なデジタルカメラREDが導入された[11]。REDの導入は本作品以前から検討されていたが、振動に弱いなどの問題から実現には時間がかかっていた[11]。撮影監督の高橋創は、コマ数をフィルムカメラのように自由に変えられることや4K解像度で収録できることなどから合成の表現が広がったと評価している[11]。, ウルトラマンギンガとダークルギエルの戦いから1年が経過し、地球には平和な日々が戻っていた。だが、ルギエルの復活を目論み、そのために地底に封印されたエネルギー鉱石ビクトリウムを強奪せんと現れたチブル星人エクセラー(SD)が、その手始めとしてアンドロイド・ワンゼロや様々なエージェントたちを地球の雫が丘へと送り込み、密かに行動を開始していた。, それからさらに1年後の2015年。再び地球に迫る危機に、ビクトリウムを守る使命を帯びた地底人ビクトリアンの青年・ショウがウルトラマンビクトリーに変身して立ち向かう。さらに、ビクトリウムに導かれた礼堂ヒカルの意志に呼応するように地球へ帰ってくるウルトラマンギンガ。今、新たな戦いが始まる。, 『ギンガS』第3話より登場。ヒカルがウルトラマンタロウの化身であるストリウムブレスをギンガスパークでリードすることによってタロウと一体化し、通常のギンガからパワーアップした形態。胸のプロテクターや額のビームランプの追加など外見がタロウを髣髴させる意匠になっており、ファイティングポーズもタロウと同じになっている。基礎能力が格段に向上する他、ストリウムブレスの力によってウルトラ6兄弟の技を自由自在に使うことができる。このウルトラ6兄弟の技を使うためだけに変身することもあった。ウルトラ6兄弟の技を使う際は、隣に対応するウルトラ戦士の姿が浮かび上がり、ギンガと重なるという演出がされることがある。また、この形態で通常のギンガの必殺技を使用することも可能である。ビクトルギエルとの決戦後はタロウと分離したため、『決戦!ウルトラ10勇士! いわゆるギャグ時空といった所。ウルフェスの世界観解説から光の国のある世界に近しい世界観である事が伺える。 にも出ている世界 ... また最近では、遥か昔にあったというスパークドールズ化、魔王獣戦の時系列が不明ですので、 そろそろ明らかにしてほしいです。 ウルトラマンベリアル また、この世界の春野ムサシはZAP_SPACYのメンバーとして存在している。, 初代ウルトラマン アンドロマルス 現代物理学の分野の1つ・量子力学には、「現在、自分が存在している宇宙とは別の宇宙が複数存在する」とする多次元宇宙(マルチバース)という理論があり、ウルトラシリーズではそれを設定として採用している。 同じ「ウルトラマンの存在する世界」でも、作品によって設定が大きく異なっている。 例えば…… 過去に怪獣やウルトラマンが地球に現れた世界でも、 1. 『ウルトラマンギンガs 決戦!ウルトラ十勇士! ウルトラウーマンベス 他にもこれまた時系列は不明だが映画『ウルトラマン物語』においてウルトラ6兄弟がジュダ及びグランドキングと戦った。 『ウルトラファイトビクトリー』で設定の一部が回収されるなど、 強引に 正史に取り入れられている。 主な敵対勢力 ギルバリス, 本作もやはりM78ワールドをはじめとする世界とは独立した世界が舞台となっている。 ヴィラン・ギルド, これまで同様に怪獣や宇宙人の存在は確認されているが、ウルトラマンが全く地球に来なかった世界が舞台。この世界では防衛隊は戦闘機ではなく、ロボットを運用して怪獣退治を行なっている。また、何者かの手によってM78スペースの光の国からからウルトラメダルが盗み出され、その技術が悪用されている他、別宇宙でも猛威をふるったデビルスプリンターがこの宇宙でも拡散されている。 ウルトラマンパワード ウルトラマンフーマ 他の世界観とつながりがないとされる一方、ウルトラセブンに登場した宇宙人「本人」が登場している話もある。 TV版ではM78星雲作品由来とする怪獣や宇宙人が登場する。設定上はM78星雲作品と同じと思われるが、分岐したパラレルワールドの一種とする考えが主の様である。 ちなみにゲーム版大怪獣バトルNEOは、ウルトラマンティガのTVシリーズから派生したパラレルワールドであり、最終回以後もティガが戦い続けている世界線となっており、昭和のウルトラ怪獣は全て架空の存在という扱い。(つまり平成を除いたウルトラシリーズが放送されている世界線である。) メビウス以前の設定では(USAやザ☆などの外伝作品を含む)Qからパイロット版ネオスまでの世界観が繋がっていたかのような描写になっていた。とりあえずM78星雲出身のウルトラマンとU40出身のウルトラマンの物語はほぼ一纏めだったと思って貰って構わない。その後設定がある程度再構成されて、ウルトラマンメビウスのQから80までが繋がっている世界観に落ち着いた。 (ヒーローのいない『Q』はともかくとして、)シリーズとしての根幹テーマは「世の平和は人類一人一人が守るべき」である。初代から、これを示唆するエピソードは非常に多い。 主な敵対勢力 また、再編集ソフトなどではUGMなどが過去に存在していた事が明かされていた辺り、M78スペースからの分岐と見做されていた時期があったようだ。 ・ウルトラマンx 第5話「イージス光る時」 ギンガ、ビクトリーに続くウルトラマン、エックスのテレビシリーズにも登場。タイトルからしてゼロの回ですね。 ゼロ節*1が炸裂しています。 ウルトラマンギンガは、テレビ東京系列で放送中の「新ウルトラマン列伝」の中で去年放送されたウルトラマンで、夏に前半、冬に後半が放送され、更に劇場スペシャルが2本公開されました。 ウルトラマンスコット そして、他ならぬウルトラマン自身が「ウルトラマンとは決して神ではなく、どんなに頑張ろうとも救えない命もあれば、届かない想いもある」と述べるように、一見万能超人のように見えるウルトラマン達も完全無欠なヒーローとして描写されるわけでなく、時に大きな壁にぶつかり、挫折し、苦悩しながら、打開の道を模索していくという我々人間と変わらない一面を描写する事でこのテーゼをより深く演出している。 ウルトラシリーズのコラボタグ一覧 ?「コピックアワード2020」受賞者ymにコツを聞いた, ジャミラの事件が起こった時代が1993年になっている所を後の作品では60年代に起こった事にする。, 2013年1月12日に放送された「ネオ・ウルトラQ」は、この「ウルトラQ」の正当な続編とされているため、「ウルトラQ」と世界観の繋がりがあるとする説がある。ただ、ウルトラ戦士の存在などについては一切言及されていないため、恐らくM78ワールドとはパラレル(平行世界か別宇宙か)の関係にあると思われる。. !マチャアキ - 笑ってポン! ウルトラマンゼアス マルチバース(ウルトラシリーズ) 主な敵対勢力 ウルトラマンジョーニアス この『~ギンガS』のメインヒロイン=滝裕可里さんもそのお一人だったりします。『ウルトラマンギンガS』は2014年の7月から9月まで、さらに11月から12月までの二期に分けて全16話が、テレビ東京系列火曜夜6時からの30分枠で放映された特撮ヒーロー番組。 My Buddy - 15. a kind of love - 16. 特撮ヒロイン 防衛チーム ザゴン星人, M78星雲光の国から来た設定だが、これまたパラレルのM78星雲である(制作側の曖昧な認識からM78星雲出身とされたらしい。マックス最終回やウルトラ銀河伝説以降の描写から我々の知るM78スペースからマックス世界に来たという説もある)。 作品内で話ごとに設定が食い違っていることも多く、ウルトラQ dark fantasyと同様に基本的に「あえて世界観の整合性を無視してなんでもありにする」作風である。 Fighting Evolution - バトルコレクション - コンパチ - 大怪獣ラッシュ - フュージョンファイト! ウルトラマンガイア本編が特撮ドラマとして放映されているパラレルワールドがある。 特撮におけるみんなのトラウマ一覧 また、『THE ORIGIN SAGA』では、これ以外にも別の宇宙が複数登場している。超全集によればクレナイ・ガイはテレビシリーズの世界以前にも様々な宇宙の様々な星や時代を渡り歩いていた事がわかっている。なお、ガイはTVシリーズの世界に紀元前の時代から地球に滞在しているという設定であり、これは一時期石像になっていたティガを除けば最長である。 ウルトラマンゼロ 主な敵対勢力 アミア 『ウルトラマン ニュージェネレーションクロニクル』(ultraman new generation chronicle)は、2019年 1月5日から6月29日までテレビ東京 系列で毎週土曜 9:00 - 9:30(jst)に放送された円谷プロダクション制作の特撮 テレビドラマ。 「ウルトラマンシリーズ」と言われることもあるが、初代ウルトラマンの前のウルトラQも含めた「ウルトラシリーズ」として括られることが多い。 M78ワールドやギンガの世界などとは別次元にある世界であるようだ。また、凶悪な宇宙人や怪獣を追って様々なウルトラマンが来訪する事も多かった。 ウルトラマンティガ(劇場版のみ。ネオフロンティアスペースのティガとは別人という設定) ウルトラマンゼロ グリーザ 古代に蘇る巨人(縄文時代)→ウルトラマンティガ(06〜10)→THE FINAL ODYSSEY→ウルトラマンダイナ(17〜20)→ウルトラ銀河伝説→ウルトラマンサーガ(35)→10勇士→THE_ORIGIN_SAGA→古代に蘇る巨人(38)の順に進んで行く。, ここでのウルトラマンは地球の化身として扱われている。それぞれガイアが大地、アグルが海の化身であり、変身者の身体能力や戦闘経験が如実に反映される。ガイア時点での時系列は90年代後半。 第8話「バルキー星人の怪獣教室!」 今回は、久々にウルトラマンギンガではない、通常の新ウルトラマン列伝の放送です。 ギンガの一部終了に伴い、op映像も変わり歌詞も2番に。 なぜかヒーローポーズのブラックキング(笑) 劇場スペシャルに登場するタイラント! 登場するウルトラマン 登場するウルトラマン ベゼルブ ウルトラマンエックス ただし、作中ではオーブと面識のある人物や関係性の深いアイテムが登場したほか、作中終盤にロッソとブルはオーブと起源を同じくする戦士であることも判明したため、間接的ながら『ウルトラマンオーブ』とは繋がりを持つ世界となっている。 ウルトラマン100users入り ウルトラマン500users入り ウルトラマン1000users入り ベリアル軍 ウルトラマンゼット 地球の科学は相当に発展しており、従来ウルトラシリーズで取りざたされてきた地球内での戦争・紛争は全て解決しており、地球の怪獣は絶滅している。宇宙での開拓・資源獲得に熱心である。 ウルトラマンネオス 登場するウルトラマン ウルトラマングレート 1: 2020/11/30 01:21:30 みんな!マックスならゴーデス細胞にも多分3日は耐えられるよ! 2: 2020/11/30 01:27:12 ダメっぽい! 3: 2020/11/30 01:33:0 ウルトラマンギンガ (2013年(平成25年)7月10日 ~ 8月14日、11月20日 ~ 12月18日) ... 時系列は ウルトラマンガイア→ガイアよ再び→the_origin_sagaの順に進む。 登場するウルトラマン なお東映が制作したキャプテンウルトラは放送した東京放送(TBS)タケダアワーでのウルトラシリーズ(空想科学シリーズ)としては含まれているが、円谷プロ制作ではないので以下でいうウルトラシリーズには含まれていない。 独立した世界観…かと思いきや、初代ウルトラマンやウルトラセブンが地球に来ていた事が仄めかされる描写があったり、ゼアス自身が初代ウルトラマンと遠い親戚関係にあたるという設定が存在している為、少なからずM78星雲光の国とも関係はある様子。 『ウルトラマンギンガビクトリー』はウルトラマンギンガの強化ですか?もしくは全く別のウルトラマンですか? - 特撮 [解決済 - 2017/09/05] | 教えて!goo この世界の怪獣はスペースビースト(異生獣)と呼ばれており、グロテスクな外見とエイリアンのような設定を持つ。他の作品では友好的な怪獣もいるのに対し、こちらはそういった類の存在が全く無いのが特徴的で、人類とは意思疎通も共存も出来ない、完全なる「敵」である。, 以下の世界観は、他のウルトラシリーズとの繋がりがない、もしくは曖昧な物である。 さらにややこしい話であるが、後の作品に整合性を持たせるために設定が変更したりする事もしばしば。最もこれは円谷に限った話ではないのだが。, 大怪獣バトルなどの世界観。 主な敵対勢力 まずは、時系列が先の ハイパーゼットン から。 ハイパーゼットン(イマーゴ)は映画『ウルトラマンサーガ』で初登場した、新たなゼットン種。 人類の恐怖と他の次元の怪獣を糧に、 バット星人 が作り上げた最強のゼットンとされています。 パワードバルタン星人, グレートはパワード同様、M78星雲光の国からやってきた宇宙警備隊の隊員であるが、特に世界観のつながりは見られない。一応、主題歌の2番に「ウルトラの兄弟」という言葉が含まれている。 地球に降り立ってしばらくしてから思想の違いにより人類側についた光の巨人と、人類を殲滅せんとする闇の巨人とに分かれ、大戦争が起きた。後に光側が勝利し、大半が宇宙へと帰還する中で、石像として地球の平和を見守るため残った者が数名いた。ティガもそういった石像の中の一人だった。 ウルトラマンギンガの時系列は前期6話→劇場スペシャルの新エピソード→後期5話→2014年春上映の劇場スペシャルのようなものの新エピソードという順番となるのでしょうか? そうじゃないですかねいやぁ、ギンガめっっちゃ面白い デロス人(のち和解), 恐らく21世紀現代の地球そのもの。本来ウルトラマンも怪獣も一切存在しない世界だが、悪の力によって別の次元の全てのウルトラマンと怪獣が人形化され封印されている。後に地球には未知の超エネルギーが存在し、更にそれを守護する地底人や怪獣、そして太古に地球にやってきたウルトラマンの存在が明かされた。 また、登場人物に関してもそのテーゼはしっかり反映されており、作品によっては地球人に対して友好的な宇宙人・怪獣や、宇宙人や怪獣以上に穢れきった心を持った人間達が登場する事もある。 基本的なベースはM78スペースか新世代ヒーローズ。 ロト その全貌が暴かれる時、それは『ウルトラファイトビクトリー』から数ヶ月後。 ウルトラマンx第13話【勝利の剣】の前日談に値するある日、突如謎に満ちた超時空の怪獣が現れ、ギンガを圧倒して去った … 後述の『ウルトラマンマックス』同様、「あえて世界観の整合性を無視して自由なストーリーを作る」作風である。, 一部M78星雲光の国と同じ怪獣が登場するが、設定が異なる場合も多く、基本的に別物と考えた方がいいだろう。映画にて正史と繋がった。ウルトラマン列伝のダークネスファイブの話では別の世界の話と語られる事もあるが、半ばギャグ展開のような物である為、真面目に考えたら負けである。ウルフェスの世界観解説によれば光の国がある宇宙にもU40が存在するようである。(ここら辺は昭和シリーズの扱いと似たようなものだろうか。) ウルトラQ~ウルトラマン80+メビウスの舞台である「M78世界」 2. ベリアルの息子であるジード=朝倉リクが自らの素性を知らぬまま生活していた。 クリスタルタウン、ウルトラタワーなどの都市や建物が確認されている。ウルトラマンタロウの設定では、光の国では人間大でいるとのことだった。しかし平成に入ると、普段から巨大なまま暮らしているように描かれている。 - R-18隔離タグ 主な敵対勢力 ウルトラマンジードとは2017年7月8日から12月23日にテレビ東京系列で毎週土曜日朝9時から放送されたウルトラシリーズの作品のタイトル、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。 ウルトラマンガイア→ガイアよ再び→THE_ORIGIN_SAGAの順に進む。, バルタン星人が登場するが、M78星雲光の国の世界観のものとは別物。 2016年にはシリーズ展開50周年を迎えた。 ただ、M78星雲の単語が出ている世界はマルチバース(他次元宇宙)の存在から、そのウルトラマンらがその宇宙の地球に来訪したとも考えられる。, 他の世界とのつながりは明確ではないが、初代『ウルトラマン』にケムール人が登場したり、『ウルトラマンメビウス』においてはナメゴンの存在が語られていたりと、他の作品に怪獣が登場することがある。 2013年、「派生シリーズが世界一多いテレビ番組」としてギネス世界記録に認定。 ウルトラマントレギア これらは、各ウルトラマン達が次元を超えて並行世界へやって来たなど、様々な理由づけがなされている。 主な敵対勢力 ヤプール人 主な敵対勢力 一方で異星人の中には平行宇宙に行く術を確立した者たちが現れており、宇宙警備隊の目の届きにくい別宇宙での悪事を企む輩もいる。 !』には未登場。, 設定上はウルトラマンタロウのブルーレーザー・ウルトラマンのウルトラスラッシュ(八つ裂き光輪)[17]・ウルトラマンAのパンチレーザーも使用可能で、玩具「DXストリウムブレス」[26]に発動音声が収録されている。, ビクトリアンのショウがビクトリーランサーでウルトライブするウルトラマン。有史以前、ビクトリウムを巡って古代人の間で争いが起きた時宇宙から飛来し、古代人の「選ばれし者」に自らへ変身する力を与え戦いに終止符を打ち、眠りに就いたという[28]。, V字型の特徴的な黄色のクリスタルVクリスタルが全身に備わっており、カラータイマーもV字型となっている。メインカラーは赤と黒と黄色[4]。スパークドールズとなった怪獣をビクトリーランサーでリードすることで、右腕をその怪獣の能力を発現させるウルトランスという能力を持つ[28]。ただしライブしているショウが怪獣の力に迷いを抱いていると使用できない。活動時間は3分間[29][注釈 6]。, ギンガと同様、ビクトリーのスパークドールズはビクトリーランサーの中から出現する[注釈 7]。そしてそれをリードし、光となったビクトリーとショウが飛びながら一体化した後に巨大化するという、これまでにない変身シークエンスを取る。また、最終話でのみ「ビクトリー!」と叫んで変身した。, 新たなる超常現象による危機に備えて国際防衛機構(International Defence Organization[ep 8])内に新設されたばかりの超常現象特捜組織[37]。名称はUltra Party Guardiansの略。エンブレムは流星を象っているが、星の中央部分にライブサインが描かれている。イメージカラーはオレンジ[40]。, 雫が丘に伝わる超常現象の調査の結果、ビクトリウムの存在や巨大生物の出現を感知したことを発端として結成。超常現象や怪獣・宇宙人に関する調査を主な任務とする。現在はまだ装備も人員も不十分だが、ビクトリウムが多く眠る雫が丘山間部に仮設基地「ライブベース」を建設中で、一条寺コンツェルンの資財援助を受けつつその規模を拡大している。隊員たちには捜査や災害対応、怪獣攻撃などへの優先権が与えられており、各種連絡時には「了解」を意味する「ガレット」(Got it!)という合言葉を用いる。前作での降星町で起きた出来事を把握しているようで、ギンガの存在についても認識済みであった。, ライブベースは話数が進むごとに建造が進んでいったが、終盤にて超兵器ビクトリウム・キャノンが隠されていたことが明らかになる[ep 8]。第14話でのビクトルギエル誕生で基地は崩壊したが、1年後の物語である劇場版では再建されている。, 人員面では、第1話時点では友也を含む4名と少数精鋭であったが、第2話でヒカル、劇場版ではサクヤ・マナ・ショウの3名が加入し、計8名のチームとなった。また、最終話以降は、闇の呪いから解放されたバルキー星人・イカルス星人・ナックル星人グレイを捕虜として清掃作業に従事させている[ep 17]。, 監督陣は、『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』を担当した坂本のほか[5][10]、前作から引き続き参加した石井良和[52][10]、『ウルトラゾーン』や『ネオ・ウルトラQ』などを担当した田口清隆[53][10]、『ウルトラマンメビウス』以来のウルトラシリーズへの参加となる小中和哉[9]らが参加している。田口がウルトラマンの登場する作品を担当するのは本作品が初である[53][10]。小中は前作でもオファーを受けていたが、スケジュールの都合から参加できなかった[9]。, 脚本は短期間で全話分を用意する必要があったため、シリーズ構成が2人立てられ、各話の脚本も7人がかりで執筆された[54]。シリーズ構成は小林雄次が前半を、中野貴雄が後半をそれぞれ担当している[7]。また、脚本にはチーフプロデューサーの北浦嗣巳が前年に手がけた『怪奇大作戦 ミステリー・ファイル』の脚本家陣が全員参加している[55]。, ホリゾントの空は、円谷英二の時代から背景美術を手掛けているベテランの島倉二千六が担当した[3]。, 2014年10月29日からバンダイビジュアルよりDVDとBlu-ray BOXが順次発売される。単巻発売のDVD[注釈 19]には映像特典としてキャストへのインタビューや、昨年に続いて『新ウルトラマン列伝』内で放送された『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア 2ndシーズン』が各巻カップリング収録されている。対してBlu-ray BOXには上記の他、メイキング映像やシリーズ監督による作品解説が収録される。, Q OV - 初代マン(宇宙探検 - TVゲーム大冒険 - VS仮面ライダー - 怪獣伝説) - 平成セブン, 初代マン(なりたかった男 - つくった男たち - 怪獣クイズ) - 私が愛した - ウルトラマン大全集(三井奥さま劇場), ウルトラ作戦 - 初代マン(怪獣帝国の逆襲 - 出撃科特隊 - 91年版 - PS2版) - 倶楽部 - セブン - ウルトラ警備隊AC - ウルトラ警備隊MA - 闘魂伝説, コスモス(映画 - 映画2(新世紀伝説) - 映画3(新世紀03伝説)) - ネクスト 映画(ULTRAMAN) - メビウス 映画 - 超8兄弟, 列伝・新列伝(ゼロファイト - ギンガ - 大怪獣ラッシュ - ギンガS - ファイトビクトリー - X) - オーブ - ゼロ CHRONICLE(ファイトオーブ) - ジード - オーブ CHRONICLE - R/B - ニュージェネクロニクル - タイガ - クロニクル ZERO&GEED - Z, ゼロ THE MOVIE - サーガ - ギンガ(映画 - 映画2) - ギンガS 映画 - X 映画 - オーブ 映画 - ジード 映画 - R/B 映画 - タイガ 映画, ゼロ(OV1・OV2) - オーブ ORIGIN - ウルトラギャラクシーファイト. 上から派生して、初代ウルトラマンの物語を高田裕三が再構成した漫画 … 特に先述の『ウルトラセブン』や、『怪獣や宇宙人との共存』がテーマとなっている『ウルトラマンコスモス』、『ウルトラマンタイガ』などではその傾向がより強調され、視聴者の見方によっては「地球人の方が害悪な存在ではないか?」と思わせる描写も決して少なくない。 アンドロフロル, ウルトラマンはM78星雲からやってきているが、パラレルワールドのM78星雲である。 最近ではそれらはマルチバースと呼ばれるようになった。 主な敵対勢力 その他、ウルトラセブンのクレージーゴンのオマージュであるクレバーゴン、 また円谷プロが制作しTBSとしてのウルトラシリーズには含まれる怪奇大作戦も以下のウルトラシリーズには含まない。 登場するウルトラマン 登場するウルトラマン ウルトラQのガラモンのオマージュであるガモランなど、他の世界観の怪獣のオマージュ怪獣が多い。 ウルトラ銀河伝説にてウルトラチームが登場した辺り、M78スペースからUSA世界の地球に派遣されたのであろうか? 専らこの設定になると、地球を舞台にするのは非常に難しくなった為、宇宙を舞台にした作品が多くなった。(この問題についてはニュージェネレーションシリーズにて、別世界の地球を舞台にするという設定で解決している。) ウルトラ怪獣 ウルトラ戦士 ウルトラヒロイン ウルトラマンメビウス ちなみに、バンプレストが1992年にPC98専用のパソコンゲームとして発売した「ウルトラ作戦 科特隊出撃せよ!」というゲームはウルトラQと初代ウルトラマンの間に起こったエピソードを埋める内容のストーリーが展開されている。(設定によればゴジラとも世界観が繋がっているようで、山根博士が存在している事が明かされている。), 他の世界観とのつながりはないが、ウルトラQの正式な続編となっている話があり、ウルトラQのオマージュとなっている話も見られる。 また、この作品のザム星人は、パイロットフィルム版とビデオ版で設定が異なる。 特に『ウルトラセブン』などは、当時の社会問題を多く取り扱った作品には【ブラック】と評せるほどに痛烈な風刺の効いた話がいくつも存在し、場合によっては「あまりにギリギリ過ぎでお蔵入りした」という回さえ存在するほどである。 魔王獣 ウルトラマンゼノン THE_FIRST_CONTACT(01)→ムサシ少年編→ウルトラマンコスモス(09)→コスモス2(12)→コスモスvsジャスティス(15)→ウルトラマンサーガ→ウルトラ10勇士→THE_ORIGIN_SAGAの順。, ULTRA N PROJECTという企画から生まれた、新しいウルトラマンの世界。 もちろんタケダアワーの他の作品(怪奇大作戦の後番組である妖術武芸帳、柔道一直線やウルトラQの前番組である隠密剣士など)もウルトラシリーズではない。 特捜チーム「UPG」、地底の民「ビクトリアン」、チブル星人エクセラーとその手先「アンドロイド・ワンゼロ」、そしてウルトラマンギンガストリウムが登場! 登場するウルトラマン 「ミラーマン」の怪獣が「ウルトラ」に、「ファイヤーマン」にウルトラ怪獣が出演、「ジャンボーグA」に登場するエメラルド星人は光の国と同盟を結んでいる、などその他の円谷作品とも世界観がつながっている。(再編集ソフト『THEウルトラ伝説』ではこちらの設定を採用。) ウルトラマンタイガ ちなみに新世紀ウルトラマン伝説などのお祭り作品やギャグ時空では他の世界観の作品とも普通に共演している。メビウス以前はある程度設定が大らかだったのだ。 惑星侵略連合 ウルトラウーマングリージョ 閻魔獣, はるか昔、地球で魔王獣と呼ばれる強大な怪獣たちが出現して破壊の限りを尽くし、かけつけたウルトラ戦士たちによって封印されたことが記録されている。ウルトラ戦士たちの中にはメビウスやゼロといった若き戦士や、ティガのようなM78星雲出身ではないウルトラマンも含まれているため、『ギンガ』や『X』と同様、M78ワールドとは別の世界に、時空を超えて様々なウルトラマン達が集結したのではないかと考えられる。 帰ってきたウルトラマン(ウルトラマン二世/新ウルトラマン/ウルトラマンジャック) ウルトラマンタイタス ウルトラセブン21 地球の意思, 1995年に作られたパイロットフィルム版はM78星雲光の国の世界観であるが、2000年に作られたビデオ版は他のシリーズと関連性がない。しかし、ビデオ版にはゾフィーが登場したり、ウルトラ銀河伝説にネオスとセブン21が登場していたのでM78スペースからネオス世界の地球に派遣されていた可能性が考えられる。 ハヌマーン(ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団) - USA - G - パワード - リブット, Another Genesis - 妹 - 多々良島ふたたび-ウルトラ怪獣アンソロジー- - デュアル - F, かっとび!ランド - 忍法帖 - 超闘士激伝 - 出光人 - ULTRAMAN - セブンきゅ〜ぶ, キッズ(ゆかいな仲間・ことわざ物語・母をたずねて3000万光年) - グラフィティ - カンパニー - ニャン - M78劇場 - 怪獣酒場 - 怪獣娘 - かいじゅうステップ, ウルトラマン一覧 - ゾフィー - セブン - ウルトラの父 - ウルトラの母 - ウルトラ兄弟 - キング - ノア - ゼロ - ベリアル - キヨタカ - ロビン - 大怪獣バトル, 怪獣シリーズ - ガシャポン(HG・DG) - 光の巨人コレクション - ポピニカ - ウルトラコイン伝説 - 超合金 - ULTRA-ACT - ウルトラエッグ - S.H.Figuarts, 黒部進(初代マン) - 森次晃嗣(セブン) - 団時朗(ジャック) - 高峰圭二・星光子(A) - 篠田三郎(タロウ) - 真夏竜(レオ) - 長谷川初範(80), 長野博(ティガ) - つるの剛士(ダイナ) - 吉岡毅志(ガイア) - 杉浦太陽(コスモス) - 川久保拓司(ネクサス) - 青山草太(マックス) - 五十嵐隼士(メビウス) - 与座重理久(SEVEN X) - 根岸拓哉・宇治清高(ギンガ&ギンガS) - 高橋健介(X) - 石黒英雄(オーブ) - 濱田龍臣(ジード) - 平田雄也・小池亮介(R/B), 関口正晴(ゼアス) - 山﨑勝之(平成セブン) - 宮坂ひろし(ナイス) - 高槻純(ネオス) - 別所哲也(ULTRAMAN) - 小柳友(ゼロ) - DAIGO(サーガ) - 斎藤工(シン), マイケル・レムベック・チャット・エレベット・エイドリアン・バーボー(USA) - ドーレ・クラウス(G) - ケイン・コスギ(パワード), 富山敬・伊武雅刀(ザ☆マン) - 古谷徹・小川真司・鶴ひろみ(USA) - 京本政樹(G) - 森川智之(パワード), 金城哲夫 - 山田正弘 - 山浦弘靖 - 上原正三 - 藤川桂介 - 佐々木守 - 若槻文三 - 市川森一 - 田口成光 - 石堂淑朗 - 長坂秀佳 - 阿井文瓶, 円谷一 - 飯島敏宏 - 野長瀬三摩地 - 満田かずほ - 実相寺昭雄 - 鈴木俊継 - 筧正典 - 山際永三 - 東條昭平, 高野宏一 - 的場徹 - 有川貞昌 - 大木淳 - 佐川和夫 - 川北紘一 - 矢島信男, 成田亨 - 高山良策 - 開米栄三 - 佐々木明 - 池谷仙克 - 鈴木儀雄 - 井口昭彦 - 大澤哲三 - 飯塚定雄, ウルフェス - ランド - ジャングル - スタジアム - M78パーク - プレミアステージ - 大集合 - バトル劇場 - 怪獣酒場, 怪獣一覧 - マシン一覧 - スペシウム - カラータイマー - M78星雲 - 宇宙警備隊 - ウルトラ警備隊 - 地球平和連合TPC - スーパーガン - 怪獣墓場 - スペースチタニウム, ワンダバ - ウルトラマン80 - ウルトラまいどCD - TAKE ME HIGHER - 君だけを守りたい - ULTRA HIGH - ULTRAMAN ORIGINAL SOUNDTRACK - 英雄 - 青い果実 - いつも心に太陽を - 飛び立てない私にあなたが翼をくれた - 赤く熱い鼓動 - LIGHT IN YOUR HEART - 星のように… - 運命のしずく〜Destiny's star〜 - DREAM FIGHTER - 君だけを守りたい〜アスカの歌〜 - 君だけを守りたい〜リーサの歌〜 - Lost the way - ULTRA STEEL - ULTRA FLY - Final Wars! また、この世界では円谷英二監督(ゴジラやモスラも公開されたらしい。)と円谷プロダクションが存在しており、初代ウルトラマンも特撮作品として存在している。(と言うより、ティガや初代ウルトラマン本人の介入がきっかけでウルトラマンが作られた事になっている。) ヘラー軍, 漫画版ではゾフィーなどウルトラ兄弟も登場した。 メンシュハイト 登場するウルトラマン 怪獣の出現も(いくつかの例外を除いて)殆ど確認されておらず、ウルトラマンの存在そのものもロッソとブルが出現するまでは一般人の間では知られていなかった。 エレク 時系列は ルーゴサイト 「ウルトラ兄弟」という言葉は大雑把にいえばこの世界におけるウルトラ戦士のうち、地球で活躍した者、特にウルトラの父を師とする者達を指す言葉。 Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017 Super Trans NIPPON Express - 11. ウルトラマントレギア, 多数の異星人が密かに地球に潜伏し、暗躍している。本作はタロウの息子であるタイガが主人公であるが、やはりM78ワールドとは別の世界が舞台である(『ジード』のサイドスペースと同じく、M78ワールドを踏襲しつつも、ウルトラマンたちが敵を追跡してやって来た別の世界なのだと考えられる)。 去年のウルフェス(ウルトラマンフェスティバル2018)で根岸くん(ギンガに変身する礼堂ヒカルを演じた根岸拓哉氏)とイベントに出たんですけど、「どうしてギンガもビクトリーもS.H.Figuartsで出ない … ウルトラマンオーブ グア軍団 アンドロウルフ ウルトラマンレオ、アストラ チブル星人エクセラー 登場するウルトラマン ウルトラマンギンガ 時 系列 34 (コロナ関係なく)。 - 10. ダークネスファイブ回のように本編の幕間のような作風の回もあるが、基本的にメタネタなんでもありである為、余程の重大設定でもない限り、本筋の設定には反映されない。ちなみに列伝時空は公式名称である。, 歴代の作品の共通項として挙げられるものに、『人間と文明に対する問いかけ』というものが存在する。このテーゼは『ウルトラQ』からの伝統ともいうべきもので、単なる勧善懲悪ではなく「結局どっちが善でどっちが悪か」という曖昧で判断しがたい複雑な問題を提起するストーリーも多い。 ウルトラマンヒカリ 主な敵対勢力 ウルトラマンブル - 帰マン(DAICON FILM版) - スーパー特撮大戦2001- SVS - TANK!3 - 巨影都市 - 怪獣擬人化計画, 円谷プロ - 円谷エンターテインメント - バンダイ - バンダイナムコグループ - ナムコ - バンダイナムコエンターテインメント - プレックス - バンダイビジュアル - マルサン商店 - ブルマァク - マーベル・コミック, この設定は、第15話で生かされている。カラータイマーが鳴る前にライブアウトして少し休み、もう一度ウルトライブを繰り返せば長く戦えるという作戦で消耗した際、キサラから「ビクトリーに変身できるのはあと1回だけ」と忠告を受けた。タロウも、「3分というのは、人間がライブできる限界」と忠告している。, ビクトルギエルによってギンガとビクトリーが石化された際、ギンガとビクトリーのスパークドールズは、ギンガスパークとビクトリーランサーと分離しており、ヒカルとショウの近くに落ちていた。, ただこちらはレリーフがカラータイマーのような青いクリスタル状になっており、操作も行わない。, ギンガストリウム関連のバンク映像・(ウルトラ5兄弟を含めた)必殺技シークエンスを除く。. 主な敵対勢力 登場するウルトラマン ウルトラマンギンガ 『ウルトラマンz』(ウルトラマンゼット)は、2020年 6月20日からテレビ東京系列で毎週土曜 9:00 ... 近年のウルトラマンの戦闘時 ... ウルトラマンギンガ、ウルトラマンエックス、ウルトラマンオーブ。集 … 他の世界と比べて温厚な怪獣や、友好的な宇宙人が非常に多いのが最大の特徴である。『サーガ』で描かれたその後では怪獣と人間が共に暮らす理想郷まで出来たほどで、視聴者の親子からの高い人気を得た。 !』でのウルトラマンゼロ 超 時 空 魔人 エタルガー を追って別 世界 の 宇宙 を飛び回り、 ウルトラマンギンガ とビクトリーがいる 地球 へとやってきた。 原語版の設定ではグレートの出身地は滅びた設定となっている。 2014 at 日本青年館 - 2. - Legend of Galaxy 〜銀河の覇者 - Starlight - 英雄の詩 - TWO AS ONE - Project DMM - voyager, TBS - NHK - 日本テレビ - 毎日放送 - CBC - BS11 - テレビ東京 - tvk - チバテレ - テレ玉 - サンテレビ - メ〜テレ - フジテレビ - WOWOW, タケダアワー - TBS金曜7時枠の連続ドラマ - TBS系列水曜夜7時台枠のアニメ - TBS水曜7時枠の連続ドラマ - 毎日放送制作土曜夕方6時枠のアニメ - テレビ東京平日夕方6時枠のアニメ(アニメ530), うるとら7:00 - 情報局 - すべて - 検定 - テレマガ - てれびくん - チャイヨー - レッドマン - ハッチャキ! 海外展開を見据えてか、2018年の『ウルトラマンR/B』の頃から、ウルトラシリーズの作品タイトルロゴには「ULTRAMAN」という英文のロゴが入るようになり、映像ソフトや映画、公式youtubeチャンネルにおけるネット配信の映像中でも、初代ウルトラマンの変身音と共に映し出される「ULTRAMAN」のサウンドロゴが挿入されるようになった。, ウルトラシリーズにおいては、他の作品と繋がりがあるものとそうでないものが混在している。なお、映画などにおいてはこれらの世界観の設定を無視して異なる世界のウルトラマン達が共演している場合がある。 (独占配信) Episode12『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』日本語版 -公式配信-【ウルトラマン】, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ウルトラマンギンガS&oldid=80611175, ギンガの基本ビジュアルを大切にするため、タイプチェンジのような考え方を導入したパワーアップとなり、本作品は全16話しかないため、他のレジェンドヒーローの力を受け継ぐのではなく、前作で師匠のような存在であったタロウの力を受け継ぐものとなった, デザインはギンガの頭部や肩アーマーの部分にボタン状の突起やプロテクターなどタロウの要素が加えられており、ボディのラインもタロウを意識した形状に変更している, アクションはタロウの構えを参考にし、最小限の動きで相手の攻撃を交わしていくカンフーマスターのような動きが意図されている, ウルトランスの設定は、EXレッドキングのスーツの腕が別パーツとなっていることから発想された, デザインは剣をモチーフとしたギンガスパークの対比として、銃への変形ギミックが盛り込まれた, モチーフはシェパードンの背中のクリスタルで、ウルトランスの当初の構想であった怪獣型の武器をシェパードンモチーフの武器として採用したものとなった, 怪獣と一体化して戦うギンガに対して、怪獣の能力で強化することとなったが、下手にアレンジした武器のような怪獣型の強化パーツを新造するのではなく、分割した特徴的な怪獣の部位をそのまま右腕に付けるものとなり、新造のパーツはジョイント部分のパーツのみとなった, 本作品の2年前を描いた前作では防衛隊が登場しなかったことから、巨大な軍備を擁する防衛隊では整合性が取れないことから、新設したばかりの装備もまだ充実していない組織となった, 司令室は茨城県内の施設のホールにセットを足すなどのアレンジを加えたロケセットで撮影された, シュナウザーとマラミュートは隊員服に合わせたカラーリングとなっており、デコるイメージで今風なアレンジをしている, デザインは電気自動車の急速充電用コネクターをモチーフとしており、エネルギーを車から取り出して攻撃するイメージとなっている, 『新ウルトラマン列伝』第63話でのエクセラーの解説によると、複数の怪獣の特徴を持つタイラントにエクセラーが着目して生み出したとされている。, Blu-ray BOX I 封入解説書SPECIAL NOTEでは、「平成版タイラント」と称している, 後半では、エクセラーに洗脳されてウルトラマンタロウダークとして登場するという案も存在した, ライブサインを使用した遊び方を広げるため、これまでとは異なる遊び方を提示するため、ブレス本体にあるライブサインにギンガスパークをかざして読み込むものとなった, 当初はタロウの顔を付けないデザインも検討されたが、顔と胸のプロテクターの意匠を分かりやすくするため入れている, 登場キャラクター欄において、レギュラー格のキャラクターは、アンドロイド・ワンゼロとチブロイドを除き実戦に参加した時のみ記載。また、ウルトラマンタロウ(SD)については実際の姿で登場, また、前作に続いて、各話のサブタイトルロゴにはその回に由来する「遊び」が施されている. 基本的にはM78星雲光の国の世界観をベースに、他のウルトラマンの怪獣が登場するようになったと思えば問題ない。 ベンゼン星人, テレビ番組としてウルトラシリーズが放送されている世界でありながら、怪獣もウルトラマンも存在する世界となっており、作中ではザゴン星人が現れて地球侵略…するつもりが、何故だか地球の玩具にハマってしまいそれらの収集と略奪を阻止する為、日々ウルトラマンナイスが戦うという何とも愉快な世界観になっている。

ディープ インパクト 産駒 いつまで, ダーツ スペクトラム 説明書, 続 最後から二番目の恋 あらすじ ネタバレ, 野球部 私服 ブランド, 草津東 サッカー 渡辺, 濵田 崇裕 歌, 安藤サクラ 柄本佑 子供, 富山東 サッカー部 体罰, 鷹の祭典 ユニフォーム 歴代, 橋本環奈 祖母 ドイツ, シリア難民 レバノン 支援, 仏教 キリスト教 死生観,