戦火、迫害のなか、生き延びられたのは奇跡に近かったですよね。 反抗勢力がドイツ軍に反撃し、死んだことを「無駄」だと言ったりと、 映画を見た後で私はなぜユダヤ人がドイツ人にこれほどひどい迫害を受けたのか (2)あの場面に(ぴったりでしたが)特に必要なBGMでもないし、主人公の想像かとも思いましたが、 何世代もそういう教えが伝えられた結果、「ユダヤ人はキリスト教の敵」ということが常識になってしまいました。 このような状態が1000年以上も続いたのですから、「ユダヤ人を迫害してもあまり問題は無い」という悪しき文化がうまれたのでしょう。 (1)ピアノに関するシーンでは、主人公の静かな情熱を感じることができました。 「戦場のピアニスト」の話は実話なんでしょうか? もっともっと色々な意味に僕には思えます。, 泣いちゃいましたよ。胸がイッパイになって。 ダイアナは言いたい事を言う性格ですので、キレて文句を言う日々が続いたのかもしれません。 どなたか分かる方おられないでしょうか? 真面目に答えて欲しいです。, 真面目に答えます・・・。 どうしてユダヤ人は嫌われるのでしょうか? そこまでカミラを愛し続けたのは何故?相性?同じ趣味?価値観? 政治で、国民の不満をそらす方法に、悪役をつくる、というのがあります。 毎日1時間です。 のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。 史実に基づいて作られた映画は、一般的に賞賛されるものが多いですよね。 さて、ヒトラー=ドイツにおいてユダヤ人排斥が本格化し、ホロコースト(民族虐殺)に至ったのはまた別の理由があります。その基本的な考え方は、明確なわかりやすい敵を作ることによって自分たちの団結を強めることにあります。 エンターテイメントとして楽しいだけのものではなく、 ユダヤ人が受けた迫害についてかなりリアルに表現されていたのではないかと チャップリンの初期の映画にもユダヤ人をばかにする人種差別的ギャグがあるそうです。 1)最初のシーン、爆撃のなか、ピアノを弾き続けていた時点ですでに強い執着を感じていました。家族を失い、人々が惨殺され、屍をまたいで歩く・・・ピアノどころか、人として生きることすら・・・の状況を描きたかったのだと思います。 ですが、実際には冒頭とラストで弾かれたノクターンを弾いたそうです。 (3)音楽に詳しくないので、人の受け売りですが 自分でもこの映画を、どう云う位置付けで捉えたらイイか、迷っています。, アカデミー賞にみる。 ハリウッド…あんな 社会性や抽象的な映画を作れるのに。 また 【アメコミ映画】, 映画「千と千尋の神隠し」で、千尋が顔無しと電車に乗って、沼の底へ行くシーンの意味についてお聞きします, ドイツ人の友達を家に招きたいです。食べてもらう料理の献立、聞いてもらう日本の音楽について相談させてください!!, 仰るとおり生きることの方に執着していたんじゃないでしょうか。 映画の描写だけではシュピルマンが彼を助けようとしていたか、いなかったかハッキリしませんね。 笑うからといって必ずしも浮かれた感情だと決めつけてしまうのはどうでしょう、 ュピルマンは辛くも生き延びる。だが、ドイツ軍の占領によりユダヤ人居住区に移住させられる。 目標なく歩くことはサボりがちになって続けられなかったので、私は学校からの帰りを歩くことにしました。 それから、実話を元にした映画でお勧な映画はありますか? そこで教会はユダヤ教徒(=ユダヤ人)が執政官に強硬な働きかけをしたために、ローマは「しかたなく」殺してしまったということにしてしまいました。 『半ドキュメンタリー』として見るべきモノか、史実は史実として『エンターテインメント』として見るべきか。 主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。 ただ個人的にはあれはあれで面白い選曲だと感心しました。パンフレットでは音楽評論家の黒田恭一氏はこの作品の選曲に賛辞を送っているようです。 ご覧になってたんでしょうか? 4)#1さんと同様です。 『戦場のピアニスト』は、 ナチス・ドイツがおこなった、ユダヤ人たちへの迫害である「ホロコースト」についての映画です。 ユダヤの人々への迫害は、はるか過去からの歴史上のことなので、私からあまり主張することはできません。 さらには独自コミュニティを形成してそれを崩そうとせず、あくまで頑なにユダヤであるということを固持してきました。 愛する男性を子の様に慈しみ、命を捧げて生涯を守るほどの古典的な母たる姿勢を崩さなかった事と周りから何を言われても誇り高く、強い女性であった為にチャールズにとっては不可欠な女性だったのだと思います。 1.お金にうるさい(理由はともあれお金をためる人全般) お願いします。, うーん、皆様の回答に適切なものがあれば回答することを遠慮しようと思っていましたが、いずれも帯に短したすきに長しという感じです。 そのことも関係して、ユダヤ人は金貸しなど当時身分が低いとされた職業にしかつくことが許されていませんでした。 チャールズの母であるエリザベスは王女だった為にチャールズに対して母として接する機会があまりなく愛情不足だったと思われます。 つい最近ウォーキングを始めることにしました! という内容の本を昔読んだことがあります。 金を借りて返せないと逆切れして暴力をふるう人は今以上にいたのですが、その大義名分として先の理由がつかわれるようになります。 食生活で気をつけていたことなどは特にありませんが、間食はほとんどしませんでした。 私は「告発」「シンドラーのリスト」「あなたに降る夢」とか心に残ってますが、 3)将校に聞かせる曲が『バラード第1番』であった理由は?(『葬送行進曲』や『革命』でも良かったのではないか?) その為チャールズはダイアナに寄りつかなくなったのかもしれません。 そういう時代だったのだと解釈しました。 結局、嫌われる民族か、そうでないかというのは、ある意味紙一重なところがあります。 映画の最後に助けたドイツ兵の名前や、主人公のなくなられた日や年齢まで出てきたので気になっています。 (1)ピアノに関するシーンでは、主人公の, ホントですね~。曲にそぐわなさすぎる(^^; そんな風に観ていた素直な観客です。, ホントですね~。曲にそぐわなさすぎる(^^; とても疑問です。 発言がありました。 私も最初は否定派でしたが、現在はお二人の関係を暖かく見守って差し上げたい様な心情です。, 真面目に答えます・・・。 一番大変だったのは「続けること」でした。 そのことも関係して、...続きを読む, 昨日「戦場のピアニスト」を見ました。 ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠...続きを読む, いつもお世話になっていますm(__)m ユダヤ系ポーランド人ピアニストの戦争体験記 2002年のフランス・ドイツ・ポーランド・イギリス合作映画。監督はロマン・ポランスキー。 1939年のドイツ… 4)史実では、同じくあのドイツ人将校に助けられたユダヤ人が、彼の家を尋ねたとき、 既にピアノの上にドイツ人将校の帽子が置かれていたと記憶していますので、将校が弾いていたと考えるのが自然かと思います。 ュピルマンは2000年まで生き残り、国民的ピアニストとして活躍。88歳の天寿をまっとうした。 作中ではショパンがポーランドの象徴として登場していることから、 うーん、難しいですね~。, そこまで深くいろいろ考えずに見ましたが、どちらかというとやはりピアニストということよりも戦争とゆーかんじの映画だった, そこまで深くいろいろ考えずに見ましたが、どちらかというとやはりピアニストということよりも戦争とゆーかんじの映画だったような気はしました。実話にもとづいているようなのでそれも考えながら見ました。 ユダヤ人迫害の理由は、長期的にみればユダヤ人たちの宗教はユダヤ教であり、ヨーロッパのほとんどでキリスト教が優勢であった為に異教徒排除の論理が働いた、ということになります(ついでに言うと、キリスト教が悪いのかヨーロッパ人が悪いのか判りませんが、ヨーロッパに住むキリスト教徒たちはかなり好戦的です)。イエス=キリストを殺したのがユダヤ人であるからとか、彼らに金持ちが多かったからというのは、後からつけた理屈みたいなものです。なお、ヨーロッパ社会でユダヤ人排斥の風潮が強くなるのは意外にも19世紀になってからのことで、中世あるいは近代以前は「嫌われ者」であっても排斥されてはおりません(金貸しを業とするものはいつでもどこでも嫌われます)。 その作品はスティーブンキングが原作者であるというだけであって、 スティーブン・キングは過去の映画や小説からのイメージを引用踏襲して、新たな物語を生み出すことを得意とする作家で、このショーシャンク刑務所の中で繰り広げられるエピソードも、ほとんどが過去の映画等からの引用でできあがっているそうです。 34ページもあるエピローグ(表紙込)。 "君のタンポンになりたい”という信じられない言葉を盗聴されてしまった で、ユダヤはキリストを十字架送りにしたというのがありますから、非常に悪役に仕立てやすいのです。上に書いた民族的な特徴も仕立てやすい理由です。 思想のためには命も辞さないという弟を理解できなかったり、 よろしくお願いします。, こんにちは。 この前、戦場のピアニスト見てきたんですが、どうにも納得できない所があって。。。主人公が最後の方でドイツの軍人さんに助けてもらいますよね?それで、分かれる時も、凄く感謝していたとおもうんですが、戦争が終わってから、どうしてあの軍人さんを助けて 当然ベートーベンがドイツの象徴になっている、 何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。 日本でもそうですが・・・自身たちとは違う風貌、習慣を持つ人は少なからず煙たがられる傾向があります。 ただ、こうやって見るとわかるように、どこぞの民族も似たようなことをやっています(車をアメリカで売りまくって、ご当地の車会社から白い目で見られたりする国です。まあ、いまはあまりやらないのかな・・・?)。 1)主人公がピアノに執着している様が、イマイチはっきり分からなかった。2回目の隠れ家で、アップライトのピアノを見つけて、すぐに飛びつかなかったから。確かに後に鍵盤に手を触れずに弾くシーンはあったが、他はピアノよりも“生きる事”に執着しているように見えた。 真実かどうかはわかりませんが、「ショーシャンクの空に」は、「穴」という実話を基にしたフランス映画の影響を受けている、という話もあるようですし、実際にありそうな事件ですから、実話と思う人もいるのかもしれません。 (5)戦争や迫害から生き抜いて、友と再会できたことの喜びから出た笑顔ではないでしょうか。 「このホテルにユダヤ人がいるんじゃあるまいな」という そして問題なのが、公人としてダイアナを妃にした事としかしダイアナは公人としてでは無く私人として愛して欲しかった事です。 刃物が出てきたりするシーンがだめです。 しかし、チャールズはグッと考え込んで大事な事だけ発言するタイプです。 後はよく知られているように、資産の没収、強制収容、虐殺という流れになって行きます。 カミラにとって重要な事は自分を求め愛してくれる人がいること。 続ければ痩せますよね? ですから元々の性格は真逆だったと思われます。 価値は十二分にある作品、ではあるのですが、覚悟が必要。, この間、BSでシンドラーのリストというのがやっていて父に怖いよと言われながら、見ていたところついついハマって見入ってしまいました。後半ぐらいでしょうか?白黒映像なのに赤い服の女の子が現れたのです。しかも、その後チョコチョコと出てきて最後の方では亡くなって燃やされようとしているシーンで、たぶんその女の子のシーンはそれで終わりだと思うんですが、父に聞いたところはじめの方でもチョコチョコ出ていたと言っていました。あの女はなんなんでしょう????気になって気になって仕方がありません。, 私個人の若干情緒的な解釈ですが、ナチスに荷担し、ユダヤ人を家畜や物のように見ていたシンドラーに「彼らが人間である」ことを理解させる役目を持つ存在だと思います。無垢で無力で取るに足らない存在であるために少女の姿で描かれたのではないでしょうか。強制収容所に向かう流れから見を翻して建物に逃げ込む=流されない存在。ある意味で、シンドラーの良心の欠片あるいは投影と見ても良いと思います。後半で出てくる彼女の亡骸は、事態がのっぴきならない状態になっていることと、シンドラーが本気で1人でも多くのユダヤ人(つまり少女の分身)を救おうとするきっかけとして描かれているのだと解釈していました。, 私の好きな映画の一つに「ショーシャンクの空に」がありますが、 私はピアノのこととかあまりよくわからないし、ほんとに深く考えずに思ったままの解釈なのでふつーな答えでスミマセン。, あなたの回答に、一般回答者とともに、専門家も質問・悩みにお答えします気軽に質問・相談してみましょう!. ショパンを弾いた時点で、あるいは反抗とも受け取れるそうです。 高3の女 158cmで56kgあります。 充分に王妃としての素質はあったように思います。 実話なのか、すごく興味があります。 ゴミの様に殺されていく」といった意味の描写が多いストーリーなので、 あの時代、「生きること」が最大の目標だったんでしょうね。 ドロドロとした三角関係にあってもチャールズの事を理解しそして許容する事が出来る方のようです。 私の中では『脚色されたドキュメンタリー映画』という位置付けで一応落ち着きましたが。。。 鍵盤に触れずに弾くシーンは、胸が締め付けられました。 もちろん、そのしんどさに絶えながら、最後まで観続けるだけの 最初の方のピアノを安く売るシーンでは、『え、商売道具をそんなあっさり!?』とも思いましたが、 私はとても怖がりなので、どうしても これは、キリスト教という緩やかなつながりでつながっていた西ヨーロッパ圏では、ユダヤという存在は異端という点がその場に存在しているようなものです。 2)パンフレットを見ると、彼を助けたドイツ将校が弾いたことが記してあります。 こういう騒ぎが暴動に発展して、ユダヤ人が略奪&虐殺されることはナチス以前から多くあったそうです。 いつも疑問に思ってたのは何故美しいダイアナさんよりあの下品なカミラ 勿論、安堵感やピアノを弾ける喜びもあるでしょうが、実際に生き地獄を体験して これをもっている民族はたいがい他の民族と仲良く出来ません。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, http://www.chasingthefrog.com/reelfaces/thepiani …, http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/last_week/last_ …, http://www.sankei.co.jp/mov/db/02_2003/pianist_1 …, http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2 …, 映画「戦場のピアニスト」で、大晦日の夜、酔っ払ったドイツの軍人に命令されて、Majorekが歌い始め, オススメの実話映画を教えて下さい(^ー^) 20代、女性です。 最近、実話が元ネタになった ノンフィ. 何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。 他にもシレキレトンボのエピソードがかなり多かったのですが、実話と言う事でそう気になりませんでした。 充分に王妃としての素質はあったように思います。 4.郷に入らば郷に従えを実践しない人 毎日が忙しくなり、朝昼夜しっかり食べて運動もしてという規則正しい生活に変わり、成功しました。 どの曲がどんな意味で適切かなど判断できる状況ではなかったんでしょう。 3)やりきれなさや喪失感が出ていたの思います。 しかし一般的な母性はあるとしても極端に甘えさせてくれるなどの懐の深さはなかったようです。 ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。(すでに最愛の人だったみたいですね) そしてついでにいうと、どちらの楽曲にも美しさが漂い、その点で視点の平等さが語られてもいるそうです。 (それが原因でユダヤ人の多くが金持ちになってしまいました。これもユダヤ人に反感を持たれるようになる原因の一つです) キリストを処刑したのはローマの執政官だったのですが、それではローマ帝国が悪いということになってしまいます。 こるのか どうしたら戦争はなくなるのかをふまえてかけ と出ましたなぜ迫害されたかは.. 質問No.6425855 ユダヤ人迫害の理由は、長期的にみればユダヤ人たちの宗教はユダヤ教であり、ヨーロッパのほとんどでキリスト教が優勢であった為に異教徒排除の論理が働いた、ということになります(ついでに言うと、キリスト教が悪いのかヨーロッパ人が悪いのか判りませんが、ヨーロッパに住むキリスト教徒たちはかなり好戦的です)。イエス=キリストを殺したのがユダヤ人であるからとか...続きを読む, 映画の最後に、アレン グリーンに捧ぐ、とありました。 神に選ばれたのでしょう。 3.異郷の地でがっぽり稼ぐ人 銃は比較的大丈夫なのですが 主人公がピアノのある部屋に連れて行かれた時に、 戦場のピアニストをぽすれんで今すぐネットでレンタル!送料無料・延滞金無料でご自宅まで宅配します。返却はポストに投函するだけ!1ヶ月無料でお試しできます!に興味のある方は今すぐレンタル! ュピルマンの体験記を脚色して映像化しています。 実話ではないと思っていました。 5)家族、友達、誇り、恋・・・たくさんのモノを失い、いつも死に怯えながら暗闇のなかを生き延びてきて、数少ない昔の友人に会えたのですから、嬉しかったと思いますよ。たとえ“ノクターン”を弾きながらでも微笑んでしまうほどに。 パンフレットを見ると、当時ナチスはユダヤ人に対し、 理由は簡単です。本来同等の立場であるにもかかわらず自分たちのほうが上であるという態度を取っているのですから、嫌われるのはある種当然といえましょう(この選民思想に近い思想を持っている民族はすべからく嫌われています。このごろは減りましたがまだそういったのを持っている日本人も同様です。気をつけたいものです)。 さんと長い間不倫を続け、愛を注いだのでしょうか? 長くなりましたが、カミラとダイアナでは性格が真逆であることは一番の原因だったのではないでしょうか? わかるかたおしえてください!, 「脱出 映画」に関するQ&A: 苦しい環境から脱出する映画を教えて下さい。, 「福岡 映画」に関するQ&A: 福岡市近郊のアジア映画が豊富なレンタルビデオ屋, 「脱出 映画」に関するQ&A: 「ショーシャンクの空に」についてと、実話を元にしたお勧め映画。, 「福岡 映画」に関するQ&A: 北野武監督はどういうところが凄いのでしょうか?なぜ天才と呼ばれているのですか?, 先日オランダへ旅行に行った友人がアンネの日記でお馴染みの家を見学に行ったらしいのですが、ユダヤ人が何故迫害されるようになったのか疑問のまま帰国して僕に聞いてきました。僕なら知っていると思ったらしいのですが、僕はこの何故?に対して全くの無知でした。ご存知の方、ぜひ教えて下さい。, 起源をたどるとローマ帝国の皇帝がキリスト教徒になり、キリスト教を国教にしたころまで遡れるそうです。 原作はスティーブンキングの刑務所のリタ・ヘイワース( 刑務所のリタ・ヘイワース”は、短編集”ゴールデンボーイズ”の中に収録)実話では無いと思います。 おもいます。 ダイアナは彼を変えられると幻想を抱いてたのかもしれません。 この点を詳しく書くと長くなってしまうので、簡単に書きますがフランス革命とナポレオン戦争によって人権思想が拡がり、ユダヤ人たちにもそれまで認められていなかった人権が認められて、ユダヤ人とヨーロッパ社会との同化が始まり、それがもとになってかえって身近なものとしてのユダヤ人排斥感情が起こります。 参考URL:http://www.kyoto2001.com/nuk/orekore/cfile07.htm, 映画「ホテル・ニュー・ハンプシャー」で、 2.異文化的である。または異文化の性質を強く持っている 私が持っているものは、 (4)自分の生活に追われ、『命の恩人のその後』にまで頭が回らなかったのでしょう。 思っています。 4月から8月の間の4ヶ月間で8キロやせました。 こちら”戦場のピアニスト”(”戦場の”とかなぜつけてしまうのか)でも とても素晴らしい演技をされています。 数え切れないほどの第二次世界大戦関係の映画をみてきましたがこちらは間違いなく歴史に残る … ユダヤ人に対する差別や迫害はヨーロッパ(というよりキリスト教圏)全体でよくあることだったそうですが、その中で一番激しかったのがドイツのあたりだったそうです。 主人公が、夜道で子どもが命を落とすシーンを目撃し慟哭したり、 この描写によって、迫害が際立ったし。 ヒトラーはドイツ民族の優秀性を言うために、それまである程度一般的であった反ユダヤ感情を利用しますが、同時にそれはユダヤ人財閥の持つ資金を狙ったものでもありました。こうして1932年に政権を得たナチスですが、ユダヤ人の権利を制限したもののいまだ虐殺という所までは至らず、虐殺が本格的になるのは1941年に独ソ戦が始まってからのことです。一例をあげれば「アンネの日記」でも彼女たちが隠れ家に入って隠れ住むようになったのは42年からのことです。ここには、次第に苦戦となっていく対ソ連戦などをもとにした戦時下の狂気が働いたと思われます。 実話を元にした映画で、皆さんの好きな作品を教えてください。 3)思いついたのがたまたまその曲だったのでは・・・殺されるかもしれない時にそんな深く選曲できない気がします。 記憶で書いているので、内容の正確さについては自信がありませんが、おおむねこんな感じだったと思いますよ, 起源をたどるとローマ帝国の皇帝がキリスト教徒になり、キリスト教を国教にしたころまで遡れるそうです。 非ユダヤ人の音楽を演奏することを禁止していたそうですから、 男女間のミステリーを感じます。 ユダヤ教の中における考え方に「選民思想」があります。簡単に言えば自分たちが優勢人類だ、という代物なのですが・・・ 「戦争の悲惨さ」、「人種差別」など考えされられるから、というのが理由にある気がします。 2)そう思ってみていました。#2さんと同様です。 5)ラストシーンで、主人公が再びラジオで“ノクターン”を弾きながら友人のバイオリニストを見て、笑うのが理解できない。「ピアノが弾ける!」との喜びはわかるが、それまでの映画全編に渡る悲惨な物語のラストとしては如何なのもか?第一、“ノクターン”を弾きながら笑うピアニストは一流なのか? カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。 着している様が、イマイチはっきり分からなかった。2回目の隠れ家で、アップライトのピアノを見つけ 僕らには分からないあまりに深い傷の裏返しの表現とも取れますし、 5)あの戦争を生き抜いてやっと再びピアノが弾ける!とゆー喜びから自然に友人にでた笑顔だと思いました。 主人公の祖国ポーランドがドイツに侵攻されている現状と、『バラード第1番』の背景がよく似ていたから選んだのでは・・・? 「戦場のピアニスト」を救ったドイツ国防軍将校 ヴィルム・ホーゼンフェルトの生涯(ヘルマン・フィンケ 著/高田ゆみ子 訳/白水社/2800円+税/334ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。[Profile] Hermann Vinke/ドイツのジャーナリスト、作家。 「私はこう見た。」「こう解釈した。」など、ご意見をお願いします。 続けることが一番大変だと思います。 カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。 そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。 ュピルマンがやってきたときには時既に遅く、 その場所には空き地が広がるだけであった。』(出典:ウィキペディア) そうだったかな・・・。 カミラはちゃっかりとイギリス王室の一員となってしまった。 これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 彼は極限化において命の尊厳を重視していたんだと僕は解釈してます。 シェイクスピアの「ベニスの商人」もユダヤ人です。 「戦争に負けたのはユダヤ人が悪い」など、現在の某組織のように敵を作ることでドイツを自分たちの都合のいいようにまとめようとしたのです。 確かに自分にとってピアノは重要な物だとは考えていても、それは命があっての話。 武器や暴力の対極にいるピアニストの感じた戦争や生きる事。 実際には実話なのでしょうか? 残酷なシーンが多いというより、むしろ、「生身の人間が不条理に、 一口に探すと言っても名前も分からない人を捜すんですからね、普通手も足も出ないでしょう。 キリストを処刑したのはローマの執政官だったのですが、それではローマ帝国が悪いということになってしまいます。 このシーンでの笑みの意味はそう簡単な物ではないでしょう。 イエス・キリストがユダヤ人なのですが、白人はそう思ってないのでしょうか? そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。 不誠実な夫に耐えかねた妻の最後はあまりにも悲劇的、それなのに 5)ノクターンを弾きながら笑うと二流のピアニストかどうかは知りませんが、 ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠れする方みたいですが、伝統を破るほどの革新的な王子ではないそうです。 そこで教会はユダヤ教徒(=ユダヤ人)が執政官に強硬な働きかけをしたために、ローマは「しかたなく」殺してしまったということにしてしまいました。 戦場のピアニストの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全69件。評価4.0。みんなの映画を見た感想・評価を投稿。 こるのか どうしたら戦争はなくなるのかをふまえてかけ と出ましたなぜ迫害されたかはわかったのですがあ そして最大の彼女の魅力は強い母性愛です。 とても気になりました。 2)最後の隠れ家で、ベートーベンの“月光”が流れるシーンがあるのですが、あれはドイツ将校が弾いてたのか?(そうは見えなかった。) 買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。 実話を基にした映画では、私も「告発」が好きです。あと、邦画ですが、「誰も知らない」も良かったです。 激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。 (これには神聖ローマ帝国などが絡んでいるらしいのですが、面倒なので省略)。 http://booklog.jp/guncomp/asin/410219312X, イギリス王室の世紀の結婚式を拝見してました。 助けた人のリストの中にシュピルマンの名前があり、それでそのユダヤ人がシュピルマンに接触を試み、その結果あのドイツ人将校が誰だったのか判明したそうです。 これをもっている民族はたいがい他の民族と仲良く出来ません。 ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。(すでに最愛の人だったみたいですね) 1)最初のシーン、爆撃のなか、ピアノを弾き続けていた時点ですでに強い執着を感じていました, 泣いちゃいましたよ。胸がイッパイになって。 それまで不規則な生活をしていた上に運動不足だったのが、 2年ほど前に1日50分ぐらいのウォーキング(早歩き)を週6日して、 5.自分たちのほうが偉いと少なからず思っている人 細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓ 大体、嫌われる、あるいは嫌われている人、民族には共通項があります。 実話だとしたら、どこまで実話なのか、教えて下さい。 m(_ _)m, 監 督、 脚 本のフランク・ダラボンが親友のアレン・グリーンに捧ぐとしたものです。この作品の完成する前になくなってしまったそうです。 主人公の家族が別れ別れになる列車のシーンなども、辛いながらも自分のことで精一杯なようでしたし、 さらには、銀行業などの当時「卑しい」とされていた職業で設けていました。余所者に自身たちの金を吸い上げられるのですから、決して面白いわけはありません。 ただ、誰が悪いとかでは無いと思います。 チャールズ。 気難しい彼に対してデリケートな部分を刺激したりしない、とても尊重してくれる方だと言われてます。 今日見てきましたが、疑問点が幾つか。。。 4)ドイツ将校がどんな状況かわからないし、助けを求めていることもわからなかったからかな?そこまで深く考えてなかったと思います。助けることよりも戦争は終わった!とゆー気持ちの方が大きかったからかな。 教えてください!, 殺人の場面を見ていられないほど「とても怖がり」ならば、 カミラの前の夫が彼女は凄い床上手だと発言したのを記事で読んだ 精神的にかなり辛いかと思います。 4)解放された後、友人のバイオリニストに将校の話を聞くまで、何故主人公は自ら助ける為に動こうとしなかったのか? そしてカミラの場合は難しい理屈などは置いておきたい人のようです。 多くの物を失った人にしか分からない複雑で深い感情ではないでしょうか。 よろしくお願いします。, いくつかありますが・・・ やはり、ほかの映画にされた方が無難かと。 その後の内容についてお願いします。, モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;) 映画の舞台であるショーシャンク刑務所は、原作者と脚本家がイメージで作り上げたフィクションで、実際の刑務所を入念に取材することはあえてしなかった、と何かで読んだ記憶があります。 チャールズは気難しく理屈っぽい。正直さ、率直な振る舞いが特徴です。 2)私はそうだと思ってました。 ダイアナは正直、自分の言いたい事を言う、好きな時に好きなことを楽しみといった自由人で強く、暖かい人情のある方だったそうです。 1)主人公がピアノを見つけた瞬間、「弾きたい!」とゆー気持ちが伝わってきました。鍵盤には触れずにピアノを弾いたけど、彼の中ではほんとにピアノをひいていたのだなあ。と私の中ではよいかんじのシーンでした。やはりここは主人公のピアニストの血を強く感じさせるシーンだったと思います。 確かに自分にとってピアノは重要な物だとは考えていても、それは命があっての話。 理由は簡単です。本来同等の立場であるにもかかわらず自分たちのほうが上であるという態度を取っているのですから、嫌われるのはある種当然といえましょう(この選民思想に近い思想を持っている民族はすべからく嫌われています。このごろは減りましたがまだそういったのを持っている日本人も同様で...続きを読む, 以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。 第一次大戦に敗れて自信を失っていたドイツ人に対し自分たちの優秀性をヒトラーは宣伝しますが大衆は容易に乗って来ませんでした。戦後のドイツにおけるインフレは1923年に絶頂を迎えますが、この時にヒトラーがルーデンドルフと組んで起こしたミュンヘン一揆が簡単に鎮圧されたのをみてもそれは明らかです。その後1929年に始まった大恐慌の影響がドイツに及ぶに至ってユダヤ人たちは不況にあえぐドイツ人たちの感情のはけ口となっていきその風潮を煽り立て利用したのがナチスということになります。 3)そこは史実ですからね・・。 ヒットラーにも嫌われました。 事があります。 主人公が, 仰るとおり生きることの方に執着していたんじゃないでしょうか。 でも色々なサイトを見ていると、実話だとおっしゃる方も多々おられるようです。 頑張って下さいね!!, 今度友達と映画を見に行こうということになったのですが、 などなど・・・ よろしくお願いします<(_ _)>, 実話ではないと思います。 ユダヤ教の中における考え方に「選民思想」があります。簡単に言えば自分たちが優勢人類だ、という代物なのですが・・・ ã€Œæˆ¦å ´ã®ãƒ”ã‚¢ãƒ‹ã‚¹ãƒˆã€ã®è©±ã¯å®Ÿè©±ãªã‚“ã§ã—ã‚‡ã†ã‹ï¼Ÿæ˜ ç”»ã®æœ€å¾Œã«åŠ©ã‘ãŸãƒ‰ã‚¤ãƒ„å…µã®åå‰ã‚„ã€ä¸»äººå…¬ã®ãªããªã‚‰ã‚ŒãŸæ—¥ã‚„å¹´é½¢ã¾ã§å‡ºã¦ããŸã®ã§æ°—ã«ãªã£ã¦ã„ã¾ã™ã€‚ã‚ã‹ã‚‹ã‹ãŸãŠã—ãˆã¦ãã ã•ã„ï¼ã€Žæˆ¦å ´ã®ãƒ”ã‚¢ãƒ‹ã‚¹ãƒˆã€ã¯å®Ÿè©±ã«åŸºã¥ãã€è£½ä½œã•ã‚ŒãŸæ˜ 怖いシーンがあるのなら他の映画にしてもらおうかと もう一つが、政治的要因。 「戦場のピアニスト」の軸となるのはナチス・ドイツのユダヤ人への迫害(ホロコースト)です。 ご存知のようにこのホロコーストは、あまりに理不尽で残虐なものとして語り継がれています。 まだ充分な説明ではありませんが、少々長くなってしまいましたのでこれぐらいにいたします。, うーん、皆様の回答に適切なものがあれば回答することを遠慮しようと思っていましたが、いずれも帯に短したすきに長しという感じです。 どうか教えてください。知識がないのでできれば分かりやすい言葉で 優賞・脚色賞、英アカデミー賞作品賞など、数々の賞を受賞している名作です。 カンヌのパルムドールを取り、アカデミー賞の候補に上がる一方で、「ただ戦火(ナチス)から逃げまくった人の職業が“ピアニスト”だったと云うだけ。」との意見もあり(他掲示板など)、評価が分かれるところだと思います。 伝統や格式を担う公人としては適役と思われます。 食事なども気にして食べようと思います。 疑問について私の解釈ですが、 ユダヤが嫌われているのは、これらを満たしてしまっているせいと、国を持たなかったという地政学的悲劇のためと考えています。, いくつかありますが・・・ もちろんダイアナは理屈を理解しようと努力をした事は伺えるのですが・・・理解は出来ても許容する事が出来なかったと思われます。 まあ、映画中では殺されるという恐怖の中にいたわけですから、 何世代もそういう教えが伝えられた結果、「ユダヤ人はキリスト教の敵」ということが常識になってしまいました。 第一次世界大戦後の混乱を利用してナチスが成り上がるために利用したのがこういった差別意識(+自分たちは選ばれた人種なのだという選民意識)です。 これをず~っとがんばって続けようと思います。 もし、ダイアナさんが生きてらしたら何処の席で息子さんの結婚式を 簡単に言えば、こじつけでも「~が悪い」というのをつくれば、そこに国民の不満がいきますから、政府とかそういったお上に攻撃がこなくなります。

ポケモン ドリドリ 歌詞, 大阪市 旭区 ソフトボール チーム, サンガ スクール 評判, 渇き 映画 韓国, 陰陽師 映画 動画, 草野球 大会 埼玉, パワプロ 藤浪 再現, 県大会 陸上 中学, 有馬記念 2019 出馬表,