こした。そして泥沼化に入ると、平沼(八ヶ月)、阿部(四ヶ月)、米内(六ヶ月)という短命内閣が続く。彼らの目的は泥沼化した日中戦争をどう始末するかにかかっていた。 日中戦争で日本軍が、中国国民党政府の首都・南京を占拠したのは、いまから80年前のきょう、1937(昭和12)年12月13日のことである。日中戦争はこの年7月7日の盧溝橋事件に端を発し、同 … 泥沼化の原因やアメリカの関係をわかりやすく解説 更新:2017.9.29 作成:2017.9.29 ベトナム戦争は、ベトナムだけでなくアメリカやソ連など、各国の思惑がまじりあう複雑な背景から生じた戦争でした。 日中戦争はなぜ泥沼化したか 1937年の濾溝橋事件が泥沼の日中戦争に発展してしまったのは何故か。最近何冊かの本を読んだのがきっかけになってこの問題が頭から離れないので、正月休みを使ってお復習 … 204-221. 日中戦争から太平洋戦争にかけて、戦争が泥沼化していけばいくほど日本は貧しい国へと変わっていきました。 「欲しがりません、勝つまでは」の精神が持て囃された時代でしたが、国民すべてが従順だったわけではありません。 歴史 - 日中戦争は、なぜ泥沼化してしまったのか? 1937å¹´7月の盧溝橋事件をきっかけに日中戦争が始まりました。 日本軍は、怒涛の進軍をしましたが、蒋介石は退却を繰り返しても、降参はしなかった。 な.. 質問No.6840077 こすなど日本と中国に多大な影響を及ぼしました。 今回はそんないざこざのきっかけとなる『日中戦争』について簡単にわかりやすく解説していきます。, この戦争は徐々に泥沼化の状態となっていき、これをきっかけとして太平洋戦争を引き起こすなど日本と中国に多大な影響を及ぼしました。, 1930年代になると日本は日清・日露戦争で獲得した朝鮮半島や租借している関東州(大連)などを足がかりとして、中国大陸進出を計画していました。, そこで日本の関東州を管轄していた関東軍は、日本の南満州鉄道の線路を爆破して(柳条湖事件)満洲を一気に占領。満州事変を引き起こして満州国という実質的に日本の傀儡国を建てました。, もちろん中国は怒ります。そりゃ自分の領土に勝手に国を作られたら誰だって怒りますよね。, 当時、中国では北伐を成し遂げ中国大陸を完全に支配した蒋介石率いる国民党と毛沢東率いる中国共産党の2党が戦争を繰り返していました。(国共内戦), 満州事変の後も蒋介石は、『満洲のことは中国共産党を倒してからにしよう』と日本との関係を大事にして満州国の存在をひとまずは黙認していましたが、ここで一つの重大な転機が訪れます。, いわゆる西安事件なのですが、この張学良という人なんと元々満洲の軍閥の人であり、さらに張学良の父である張作霖は関東軍に爆殺されていたということがありました。, そのため張学良は日本のことが大嫌い。国共内戦をやめて国民党と共産党が手を組む国共合作という形をとって抗日民族統一戦線という一大連合が組織されました。, 抗日民族統一戦線が組織されて以降日本と中国の関係は急激に冷え切り、中国国内で日本人が殺されてしまう事件が後を絶ちませんでした。, その中でも特に重大でのちに日中戦争の引き金となってしまう事件が起きてしまいます。1937年の盧溝橋事件です。, 盧溝橋事件は北京近くの盧溝橋という橋の近くで行われていた日本軍の演習中に中国軍が発砲したという内容ですが、この盧溝橋事件自体は数日で停戦協定が結ばれて終わっています。, これだけだったらただの小さな事件で終わっていたはずなのですが、日本の中ではこれを口実に中国に進出して中国大陸にあって日本本土にはない石炭などの資源を狙って進出しようとしていたのです。, そしてついに日本軍は中国に侵攻を開始する動きが出てきます。この時、実は蒋介石も日本政府との間で講和の交渉が進められていました。, しかし、同時期に上海において日本の軍人が中国軍によって殺されてしまうという事件が発生すると、これに対して日本軍は交渉を打ち切って中国に侵攻を開始。, こうして始まった日中戦争ですが、日本軍はまず北支と称していた中国の北部である北京など地域を制圧し、どんどん南下を始めていきます。, 一方で上海に駐留していた日本軍も当時中国の首都であった南京に向かって進軍を開始。戦争が始まって4ヶ月後の11月には南京周辺の地域を完全に手中に収めていき、首都である南京に迫っていきます。, 蒋介石は期待していたソ連やドイツの支援が全く来ないことを理由に南京から成都という中国の東側にある地域に逃亡します。, そして12月に南京を占領。日本軍は日中戦争で手に入れた占領地域に南京政府という政府を作り上げ、当時国民党No.2の大物であった汪兆銘をリーダーとしました。, その後、日本軍の総攻撃は続き、南京の臨時首都であった漢口も陥落。ついに蒋介石のいる成都にまで攻めようとします。, 日本軍はその手始めに成都に近かった重慶に対して無差別爆撃を開始。4000人の被害を出し、各国から無差別爆撃を非難されてしまいます。, 日本軍はドイツを仲介として中国と一応講和するように打診しますが、国民政府がなかなか返事をくれないことにいらだった当時の日本の首相である近衛文麿は『国民政府相手とせず』と言い放ち、講和は打ち切りとなってしまいました。, その後、日本では国家総動員法が成立。全ての政党が解散して大政翼賛会という新たな政治組織が建てられ日本国内では戦争ムードがどんどん強まっていきます。, こうして日本有利に進んでいた日中戦争でしたが、1937年も後半になってくるとどんどん戦線が膠着(こうちゃく)してしまい泥沼化してしまいます。, 実はこの時、中国はイギリスやフランスなどの国々から武器などの支援を受けておりどんどん中国軍が強化されていました。, この援助のルートを蒋介石を援助するという意味で援蒋ルートと言われるようになったのですが、これが日本にとって中国攻略の大きな問題となっていました。, そのため日本はイギリスやフランスを牽制するために1940年に日独伊三国同盟を締結。中国の援助を難しくしようと考えますが、イギリスやフランスなどはそれでも援助をし続け、さらにアメリカなどはこれが原因で日本に対して敵意を向き始めました。, そして1940年にフランスがドイツに降伏すると日本軍はフランスの植民地であったフランス領インドシナに進駐。いわゆる仏印進駐を行い日本軍は日中戦争を継続するための資源を求めて南に侵攻する南方政策を取り始めます。, これに対して とうとうアメリカは日本に対して全面禁輸を開始。一滴の石油も輸出しない方針を取り始めます。, こうして日本はアメリカとの戦争を決定。1941年にハワイの真珠湾を攻撃して太平洋戦争が始まり、アメリカ・イギリスなどの連合国と全面戦争に突入していくことになるのです。, 太平洋戦争が始まり、全方面に戦争をすることになった日本。しかし、日本が全方面で戦争をする余力はありませんでした。, 太平洋戦争においては日本軍は最初の頃は快進撃を続けていきましたが、ミッドウェー海戦で大敗北をして以降アメリカの猛烈な反撃を受けてしまい、どんどん後退していきます。, そして遂に沖縄に上陸されてしまい、もはや勝つ希望もなくなった日本は1945年8月15日に降伏。7年続いた戦争は終わりを告げました。, 中国大陸では日本が撤退した後、手を組んでいた国民党と共産党が再び対立。国共内戦が再び起きてしまいます。, 結果は国民党の敗北。1949年に国民党は台湾に移転し、中国大陸には中国共産党による国家中華人民共和国が成立し今に至ります。, ・日本は中国を助けていたイギリスやフランスを牽制するために日独伊三国同盟を結び、さらに資源の確保のために南方に進出した。. žäº‹ä»¶ï¼‰ã€‚ これは、かねてから日本支配に不満を持つ中国人保安隊員が、25日、26日の上記の北京城外での小競り合いで中国軍が日本軍を撃退したとの報… 日中戦争 戦争:日中戦争(1941å¹´12月12日より大東亜戦争の一部となる) : 年月日:1937å¹´7月7日から1945å¹´9月9日 : 場所:中華民国(内蒙古・華北・華中・華南)、イギリス領ビルマ: 結果:中華民国 と連合国の勝利: 交戦勢力 大日本帝国 タイ 蒙古聯合自治政府(1939-) こった日です, 「国のために死ね」の時代と、現代日本の共通点. 1937å¹´7月の盧溝橋事件をきっかけに日中戦争が始まりました。日本軍は、怒涛の進軍をしましたが、蒋介石は退却を繰り返しても、降参はしなかった。なぜ、開戦後、例えば1年くらいで、早期の停戦・和平協定が結べなかったのでしょうか?1 ・日中戦争はすぐに決着がつくという想定で始められ、泥沼化していくと人が死ぬほど引けなくなっていく「死者の負債」にとらわれて終わらず、アメリカとの開戦もその流れで決まったのだろうと述べら … ¥ä½œã‚’しようが いつまでもこの真実を 誤魔化すことは出来ないであろう。 1941å¹´12月8日の真珠湾攻撃で火蓋が切られた太平洋戦争。 この時、日米両国民のお互いに対する感情は最悪のものでした。 では、いつから日米関係はそんなに悪化してしまったのか。 ペリーが黒船で日本にやってきて、日米が出会った瞬間からずっとこんな感じだったのでしょうか。 もちろん、そんなことはありません。 日本がまさに国運を賭けて戦った日露戦争(1904年)では、アメリカは日本の味方でした。戦費の足りない日本に莫大なお金を貸してくれたし、戦争を終わらせるための和平調停を斡旋 … え切ってしまいます。まあ当たり前ですけどね。 ¨ã€Žå¤ªå¹³æ´‹æˆ¦äº‰ã¸ã®é“(3)日中戦争(上)』 朝日新聞社、1987年、70-72頁。 6 Stephen E. Pelz, Race to Pearl Harbor: The Failure of the London Naval Conference and the Onset of World War Ⅱ (Cambridge: Harvard University Press, 1974), pp. 歴史 - なぜ日中戦争は和平交渉に失敗したのですか? なぜ日本は日中戦争の泥沼化を食い止める事ができなかったのですか?あそこまで泥沼化する前に、なぜ和平を結べなかったのですか?最大の理由を教えて下さい.. 質問No.8561962 もりもりです。 歴史って知ればおもしろいですよね。 今日は満洲国建国建国と日中戦争です。 満洲国建国によりよりいっそう、日中戦争は泥沼化します。 そして、 米英が中国を支援することで米英と日本が対立するようになります。 太平洋戦争の始まりです。 きた戦争です。 アジア・太平洋の広大な地域が戦場となった結果、敵味方双方でおびただしい数の犠牲者を生み、日本の降伏によって終わりを迎えました。 1940(昭和15)年にヨーロッパのドイツ・イタリアと軍事同盟(三国同盟)を結んだ日本は、アメリカ・イギリス・中国などの連合国と敵対していました。 1… が占領していた中国に手を出してからでした。現代の日中間の政治問題にも繋がるこの歴史問題は国同士の見解が異なり、結論が出ていません。今回はその日中戦争について見ていきましょう。 アジア・太平洋戦争 アメリカ合衆国を単にアメリカと記す。 1)日中戦争(1937年~)は泥沼化 [南進論の台頭は1940年。ノモンハン事件(1939)・張鼓峰事件(1938)での敗北が原因。] 1940å¹´1月 アメリカは日本に対する鉄屑、航空用燃料等の輸出に制限を加えた。

Facebook 偽名 なぜばれる, インスタ 英語 メッセージ, 米粉パン グルテンフリー 市販, 革紐 ブレスレット 作り方, 転職 失敗 再転職, とうもろこし 離乳食 皮, Ie 設定 勝手に変わる,