第064回(1971年) トウメイ 第011回(1942年) ニパトア 第144回(2011年) トーセンジョーダン 第074回(1976年) アイフル 第114回(1996年) バブルガムフェロー バブルガムフェローとは、1993年生まれの 競走馬。3歳にして天皇賞(秋)を勝った名馬である。 名前は「風船 ガムを噛む 奴」の意。 バブルガムフェローが母父のjra登録馬の成績です。地方馬や海外の成績は含んでいません。 獲得賞金の高い順 (jraのみ最大100頭) 馬名 生年 性別 毛色 血統 第140回(2009年) カンパニー 第162回(2020年) アーモンドアイ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=バブルガムフェロー&oldid=78399127, Rockabubble(ニュージーランド・ブラッドストック・ブリーダーズステークス). 第020回(1949年) ニユーフオード 第038回(1958年) セルローズ 第072回(1975年) フジノパーシア 第096回(1987年) ニッポーテイオー 第007回(1940年) ロツキーモアー バブルガムフェローとは日本の競走馬である。1995年jra賞最優秀3歳牡馬。引退後は種牡馬となっていた。名前の由来は「風船ガムを噛む奴」を英訳したもの。 第122回(2000年) テイエムオペラオー 第120回(1999年) スペシャルウィーク 名馬11頭のデザインから選べる!JRAカード(クレジットカード)競馬ファンが嬉しい特典2つ, シンボリクリスエス 〜 ピークを越えた競馬ブームの裏で着実に結果を残した名馬の魅力 〜, メイショウドトウ!テイエムオペラオーの最大のライバルとして君臨した名馬の生涯に迫る. 第104回(1991年) プレクラスニー 第116回(1997年) エアグルーヴ 第150回(2014年) スピルバーグ 第118回(1998年) オフサイドトラップ 第066回(1972年) ヤマニンウエーブ バブルガムフェローは父サンデーサイレンス、母バブルカンパニーという血統の牡馬。 バブルガムフェローは1995年10月にデビュー。 デビュー戦は3着に敗れるも、折り返しの新馬戦は1番人気に応えて優 … 第040回(1959年) ガーネツト 第148回(2013年) ジャスタウェイ 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、バブルガムフェローに関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 第110回(1994年) ネーハイシーザー, 第112回(1995年) サクラチトセオー ① 父クロフネ×母父バブルガムフェロー. クロフネ産駒はHyperionの多重クロスを持つ繁殖牝馬との相性が良く、カレンチャン、ホエールキャプチャ、アエロリットなど活躍馬にとって不可欠な血統。 第078回(1978年) テンメイ 第042回(1960年) オーテモン 引退後は2003年までは社台スタリオンステーションにて繋養され、2004年からはブリーダーズ・スタリオン・ステーションにて繋養されていた。また、オーストラリアにもシャトル種牡馬として行っており、重賞馬も複数輩出している。 1999年から2005年までは日本国内だけでも毎年150頭以上の繁殖牝馬を集めた。リーディングサイアーランキングの最高位は2004年の9位。 2010年4月26日午後8時40分、供用先の北海道沙流郡日 … 第018回(1948年) カツフジ 競走馬バブルガムフェローの名鑑ページです。馬主や調教師、血統情報などの基本データから、条件別・競馬場別・距離別のレース戦績や次走情報など、スポーツナビ競馬では中央競馬の情報が満載! 第100回(1989年) スーパークリーク 第108回(1993年) ヤマニンゼファー 第142回(2010年) ブエナビスタ 第022回(1950年) ヤシマドオター 第138回(2008年) ウオッカ 第026回(1952年) トラツクオー 第160回(2019年) アーモンドアイ 第052回(1965年) シンザン 第044回(1961年) タカマガハラ 第088回(1983年) キョウエイプロミス 第070回(1974年) カミノテシオ バブルガムフェロー意味風船ガムを噛む奴(英)欧字Bubble Gum Fellow品種サラブレッド性別牡毛色鹿毛生誕1993年4月11日死没2010年4月26日登録日199 第013回(1943年) クリヒカリ 第050回(1964年) ヤマトキヨウダイ 第003回(1938年) ヒサトモ 第054回(1966年) コレヒデ, 第056回(1967年) カブトシロー 第048回(1963年) リユウフオーレル 繁殖馬:バブルガムフェロー 【先週3人気1着×11人気3着】絶好調トリプルトレンドが今週も魅せる! "コントレイルの相手は激走条件揃い踏みのかつての世代最強馬だ! 第068回(1973年) タニノチカラ 第060回(1969年) メジロタイヨウ 第034回(1956年) ミツドフアーム 第094回(1986年) サクラユタカオー 第092回(1985年) ギャロップダイナ バブルガムフェローの4代血統表; サンデーサイレンス 青鹿毛 1986.3.25 種付け時活性値:1.50: ★ Halo 黒鹿毛 1969.2.7: Hail to Reason 黒鹿毛 1958.4.18: Turn-to 1951: Nothirdchance 1948: Cosmah 鹿毛 1953.4.4 ★Cosmic Bomb 1944: Almahmoud 1947 ♀ Wishing Well 鹿毛 1975.4.12: Understanding 栗毛 … 第146回(2012年) エイシンフラッシュ 第001回(1937年) ハツピーマイト バブルガムフェローとは日本の競走馬である。おもな勝ち鞍は朝日杯3歳ステークス、天皇賞(秋)。1995年JRA賞最優秀3歳牡馬。引退後は種牡馬となっていた。名前の由来は「風船ガムを噛む奴」を英訳したもの。, 美浦・藤沢和雄厩舎に入厩したバブルガムフェローは1995年10月、東京でデビューした。デビュー戦こそ3着に敗れたが、2戦目であっさりと勝ち上がった。その後、府中3歳ステークス(当時オープン特別)も勝ったバブルガムフェローは朝日杯3歳ステークスに挑んだ。, この朝日杯で1番人気に推されたバブルガムフェローは、最後の直線で先に抜け出したエイシンガイモンを捕らえて優勝、3連勝でGI初制覇を果たした。この朝日杯の勝利が決め手となり、バブルガムフェローはこの年、JRA賞最優秀3歳牡馬(旧称。現在のJRA賞最優秀2歳牡馬)に選ばれている。, 翌1996年、クラシックの主役として、ダンスインザダークとともに期待されていたバブルガムフェローは初戦の皐月賞トライアルのスプリングステークスで1番人気に応えて快勝した。しかし、皐月賞の1週前に右後脚を骨折してしまい、春のクラシックである皐月賞と日本ダービーを断念することとなった。, 骨折は全治6ヶ月と診断されていたが、予想以上に回復が早く、バブルガムフェローは夏に帰厩し、秋に備えた。秋になると、バブルガムフェローは距離適性を考慮して菊花賞ではなく、秋の天皇賞を目指すことになり、天皇賞の前哨戦にあたる毎日王冠で復帰した。毎日王冠で古馬相手に3着と善戦したバブルガムフェローは、秋の天皇賞でマヤノトップガン、サクラローレル、マーベラスサンデーの3強に挑むことになった。, しかし、主戦の岡部幸雄がブリーダーズカップ・クラシックに出走するタイキブリザードに騎乗するためにカナダへ遠征することになり、騎乗できなくなった。そのため、この秋の天皇賞では蛯名正義が騎乗することになった。, レースでは、バブルガムフェローは4コーナー3番手から直線鋭く伸び、追ってきた3強を抑えて優勝した。秋の天皇賞を4歳(現在の3歳)馬として制したのは、JRAでは史上初の快挙だった。また、鞍上の蛯名もこの天皇賞での勝利がJRAでのGI初勝利であった。, 天皇賞後、バブルガムフェローは鞍上を岡部に戻して、ジャパンカップに出走したが、走る気を全く起こさずに13着と大敗し、この年を終えている。このジャパンカップ時の関係者の落胆ぶりは相当なもので、騎乗した岡部は「壊れた(故障した)のではないですか?」という記者の質問に対し、「壊れたのは、馬の頭だよ」と述べている。, 翌1997年、休養から帰ってきたバブルガムフェローは鳴尾記念を快勝し、宝塚記念に出走した。宝塚記念では岡部がタイキブリザードに騎乗するため、鞍上は蛯名に戻っている。レースでは、ゴール前でマーベラスサンデーに豪快に差し切られ、2着に敗れた。, 秋に入り、鞍上を岡部に戻して、毎日王冠を快勝したバブルガムフェローは連覇を狙って、秋の天皇賞に出走した。対抗馬と目されていたサクラローレルとマヤノトップガンは故障で既に引退、マーベラスサンデーも骨折で休養中、バブルガムフェローと同い年のロイヤルタッチは故障明け初戦、ジェニュインは既に前走で破っていることから、秋の天皇賞連覇は濃厚と見られていたバブルガムフェローは1.5倍の断然の1番人気に推された。, しかし、レースでは、エアグルーヴとの壮絶な叩きあいの末にクビ差競り負けて、2着に敗れた。鞍上の岡部はレース後に「馬が前を行く(大逃げした)サイレンススズカを早めに捕まえようとしてしまった」と嘆いた。, 天皇賞後、バブルガムフェローはジャパンカップに出走したが、ピルサドスキー、エアグルーヴに及ばず3着に終わった。このジャパンカップを最後にバブルガムフェローは現役を引退し、種牡馬入りした。, 引退後は2003年までは社台スタリオンステーションにて繋養され、2004年からはブリーダーズ・スタリオン・ステーションにて繋養されていた。また、オーストラリアにもシャトル種牡馬として行っており、重賞馬も複数輩出している。, 1999年から2005年までは日本国内だけでも毎年150頭以上の繁殖牝馬を集めた[1]。リーディングサイアーランキングの最高位は2004年の9位[2]。, 2010年4月26日午後8時40分、供用先の北海道沙流郡日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションで肺炎のため死亡した。, 第2回 トキノミノル / 第3回 タカハタ / 第4回 サンゲツ / 第5回 タカオー / 第6回 メイヂヒカリ / 第7回 キタノオー / 第8回 キタノヒカリ / 第9回 カツラシユウホウ / 第10回 ウネビヒカリ / 第11回 マツカゼオー, 第12回 ハクシヨウ / 第13回 カネツセーキ / 第14回 グレートヨルカ / 第15回 ウメノチカラ / 第16回 リユウゲキ / 第17回 メジロボサツ / 第18回 モンタサン / 第19回 タケシバオー / 第20回 ミノル / 第21回 アローエクスプレス, 第22回 オンワードガイ / 第23回 トクザクラ / 第24回 レッドイーグル / 第25回 ミホランザン / 第26回 マツフジエース / 第27回 ボールドシンボリ / 第28回 マルゼンスキー / 第29回 ギャラントダンサー / 第30回 ビンゴガルー / 第31回 リンドタイヨー, 第32回 テンモン / 第33回 ホクトフラッグ / 第34回 ニシノスキー / 第35回 ハーディービジョン / 第36回 スクラムダイナ / 第37回 ダイシンフブキ / 第38回 メリーナイス / 第39回 サクラチヨノオー / 第40回 サクラホクトオー / 第41回 アイネスフウジン, 第42回 リンドシェーバー / 第43回 ミホノブルボン / 第44回 エルウェーウィン / 第45回 ナリタブライアン / 第46回 フジキセキ / 第47回 バブルガムフェロー / 第48回 マイネルマックス / 第49回 グラスワンダー / 第50回 アドマイヤコジーン / 第51回 エイシンプレストン, 第53回 アドマイヤドン / 第54回 エイシンチャンプ / 第55回 コスモサンビーム / 第56回 マイネルレコルト / 第57回 フサイチリシャール / 第58回 ドリームジャーニー / 第59回 ゴスホークケン / 第60回 セイウンワンダー / 第61回 ローズキングダム, 第62回 グランプリボス / 第63回 アルフレード / 第64回 ロゴタイプ / 第65回 アジアエクスプレス / 第66回 ダノンプラチナ / 第67回 リオンディーズ / 第68回 サトノアレス / 第69回 ダノンプレミアム / 第70回 アドマイヤマーズ / 第71回 サリオス, 国際競走指定前: バブルガムフェローとは日本の競走馬である。おもな勝ち鞍は朝日杯3歳ステークス、天皇賞(秋)。1995年JRA賞最優秀3歳牡馬。引退後は種牡馬となっていた。名前の由来は「風船ガムを噛む奴」を英訳したもの。 バブルガムフェローとは日本の競走馬である。 おもな勝ち鞍は朝日杯3歳ステークス、天皇賞(秋)。 1995年jra賞最優秀3歳牡馬。 引退後は種牡馬となっていた。 名前の由来は「風船ガムを噛む奴」を英訳 … 【バブルガムフェロー】 父のサンデーサイレンスも母父のリファールも、気性の激しさで知られた馬でしたが、バブルガムフェロー自体は大人しい馬だったようで、中京のダート1700mが得意でした。 第016回(1947年) トヨウメ 第086回(1982年) メジロティターン 種牡馬としてのバブルガムフェローは、母の父 Lyphard ではなく、2代母 Prodice の特徴を主に産駒に伝えていた気がしますね。Hyperion がガツッと入って、ヨーロッパ血統で固めていて、あまり素軽さが感じられない部分です。 By dora1977 - 投稿者自身による作品 (本人撮影), パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=5098470, 競馬の世界というのは、「成功」と「失敗」の境界線に少しあいまいなところがあります。, たとえば三冠馬のディープインパクトは、競走馬としても種牡馬としても大成功をおさめたスターホースでした。, 同じく七冠馬のテイエムオペラオーは、現役時代はディープインパクトと同レベルの強さを誇りながら、種牡馬としてはどう好意的に見ても失敗という結果であると、少なくとも現状では言わなければなりません。, では、ディープインパクトと同じ三冠馬のシンボリルドルフはどうだったかというと、それは確かにトウカイテイオーという大スターを輩出したわけですから、一般的には「成功」といえるのかもしれませんが、そのトウカイテイオーは種牡馬としても大成することなく、ルドルフの父系の血はすでに途絶えています。, このあたりは、シンボリルドルフの種牡馬としての評価が非常に難しくなってくるところもあります。, 同様に、種牡馬としては失敗と言われたメジロマックイーンは、しかしまったく無名の牝系出身のオリエンタルアートやポイントフラッグ、そしてなんといっても大種牡馬ステイゴールドの力を借りて、結果としては前例がないレベルで「大成功」をおさめた形にはなりました。, 特に血統の部分では、たとえ産駒が走らなくても、10年以上もの歳月を経て、その血が奇跡的によみがえることがあるのも競馬の世界です。, 同じように、競走馬として大成功をおさめ、種牡馬としては失敗したと現時点で言われている名馬が過去にもたくさんいました。, バブルガムフェローというと、種牡馬として顕著な成績を残せなかったため、どこか「地味な馬」という印象がありますが、競走馬時代は非常に素晴らしい成績を残した名馬でした。, サンデーサイレンスは初年度産駒にフジキセキ(朝日杯)、ジェニュイン(皐月賞、マイルCS)、ダービー(タヤスツヨシ)といきなりとてつもないスターを輩出し、2世代目もダービーこそ「奇跡の馬」と呼ばれたフサイチコンコルド(父カーリアン)に譲ったものの、イシノサンデー(皐月賞)、ダンスインザダーク(菊花賞)らを輩出し、時代は完全にサンデーサイレンスの天下となったことを印象づけた世代でした。, 史上初の4歳馬(現在の3歳)による天皇賞制覇という偉業を成し遂げたのが、同じくサンデーサイレンス産駒のバブルガムフェローだったのです。, 母バブルカンパニーもリファール産駒の良血馬で、バブルガムフェロー自身もたいへんな良血馬だったわけです。, バブルガムフェローは美浦の藤沢和雄厩舎の管理馬であり、主戦ジョッキーは現在解説などでわかりやすいお話がトレードマークになっている名手・岡部幸雄騎手でした。, そう、バブルガムフェローは当時飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進していた「チーム・シンボリルドルフ」の一員ということもあって、活躍を約束された良血馬だったのです。, とはいえ、藤沢厩舎というとこの時代には外国産馬のタイキブリザードがいて、こちらも岡部騎手が主戦だったこともあり、バブルガムフェローは13戦したうちの2戦(天皇賞秋=1着、宝塚記念=2着)を蛯名正義騎手とともにファイトしました。, バブルガムフェローは、デビュー戦こそ岡部騎手の「教育的騎乗」もあって3着に敗れましたが、しかし抜かりないチーム・シンボリルドルフだけに、その後は順調に勝ちあがり、当時の3歳チャンピオン決定戦である朝日杯3歳S(現朝日杯FS)に圧倒的な1番人気として出走しました。, このときは、武豊騎手のエイシンガイモンを競り落とす内容といえばそうかもしれませんが、しかし力差は歴然、武騎手は「完全に遊ばれてしまった」と漏らすほどの「実質的圧勝」で早くもGⅠウイナーとして名乗りを上げ、2歳チャンピオンに輝きました。, 年明け、皐月賞トライアルのスプリングSも快勝し、当然バブルガムフェローを中心にクラシックが動いていくと思われた矢先のことでした。, 着差こそそれほど大きくなく、脚質も異なるものの、当時の勢いはなんとなくミホノブルボンを彷彿とさせるものがありました。, それだけに、陣営にとってもファンにとっても悲壮感が大きかったことをよく覚えています。, しかし秋に成長したバブルガムフェローは、復帰戦でいきなり古馬初対戦となった毎日王冠で3着と、上々な滑り出しとなります。, そして迎えた天皇賞秋で、史上初の4歳馬による優勝という偉業を見事に達成してみせました。, ただ、このときのバブルガムフェローのすごさは、史上初云々というよりも、サクラローレル、マヤノトップガン、マーベラスサンデーというほんとうに強かった「3強」を従えての先頭ゴールだったところにあります。, 続くジャパンカップは大敗に終わりますが、年明け緒戦となった鳴尾記念では、59kgの酷量を背負いながらも他をまったく寄せ付けずの快勝、そして再び宝塚記念で自らも古馬として、強豪との対決に自信を深めるのでした。, しかし今度はかつて「3強」の一角だった武豊・マーベラスサンデーの前にわずかに力及ばずの惜しい2着に敗れます。, その秋、再び59kgで臨んだ毎日王冠を快勝し、自信満々で連覇を目指した天皇賞・秋に駒を進めます。, しかし連覇をもくろんだバブルガムフェローの前に大きく立ちはだかったのが、「女傑」と呼ばれたあのエアグルーヴだったのです。, 先に抜け出したバブルガムフェローを、闘魂を剥きだしにした牝馬とは思えないエアグルーヴの強靭な末脚にわずかに屈し、悔しい2着と敗れました。, 続くジャパンカップ3着を最後にバブルガムフェローは引退、種牡馬入りを果たしました。, 通算成績は13戦7勝(うちGⅠ2勝、GⅡ3勝=当時鳴尾記念はGⅡ)、2着2回、3着3回というとてつもなく安定した成績で現役を終えました。, 冒頭のほうでも少し触れましたが、バブルガムフェローは、残念ながら種牡馬として大成できなかったといわなければなりません。, バブルガムフェローの代表産駒とかろうじていえるのが、自身の晩年の産駒であるアーリーロブスト(京成杯勝ち)、トシキャンディ(プロキオンS勝ち)の2頭ということになるでしょうか。, 産駒の特徴という特徴もなく、このあたりはバブルガムフェローのように「競馬のうまさ」が最大の武器である種牡馬のウィークポイントになってしまった印象も正直あります。, ディープインパクトのような抜群のキレがあるわけでもなく、ステイゴールドのような並外れたメンタルとフィジカルがあるわけではなかったバブルガムフェローにとって、種牡馬生活は決して順風満帆とはいきませんでした。, とはいえ、地方では産駒がかなりの数の活躍を見せたことから、スピードよりもパワーで押しきるタイプが産駒の特徴だったかな、という気はします。, そしてその中に牝馬もけっこういますので、もしかしたらこれからは血統図の牝系にバブルガムフェローの名前を見ることになるのかもしれませんね。, JRAカードを発行すると、インターネットからJRA競馬場指定席が先行予約可能なJRAカード会員に登録可能です。JRAカードを持っていない一般会員よりも一週間早く予約でき、JRAカード会員のみ申し込める先行抽選に加え、一般抽選にも申し込めるので抽選チャンスが1回から2回に増えます。JRA競馬場の指定席をより確実に確保したい方にはおすすめです。, 初年度の年会費は無料(次年度以降1,375円(税込))で、カードデザインはシンプルなJRAロゴもしくは名馬11頭のデザインから選ぶことができます。ネットからすぐに申し込めるので、「JRA指定席の予約がしたい」「JRA指定席の当選確率を上げたい」という方はぜひ以下の記事を参考に申し込みをしてみてください。, >> 名馬11頭のデザインから選べる!JRAカード(クレジットカード)競馬ファンが嬉しい特典2つ. バブルガムフェローは、一口価格90万円、社台サラブレッドクラブ所属のクラブ馬。一口馬主の出資データを中心に、関連Webニュースなどの最新情報まとめ。各クラブへの無料カタログ請求も。 第158回(2018年) レイデオロ バブルガムフェロー意味風船ガムを噛む奴(英)欧字Bubble Gum Fellow品種サラブレッド性別牡毛色鹿毛生誕1993年4月11日死没2010年4月26日登録日199. 第132回(2005年) ヘヴンリーロマンス 競馬苑. バブルガムフェロー; ... 554,430,000円; 受賞歴: 1995年 JRA賞最優秀3歳牡馬; 勝負服: 血統表(*本邦輸入) 第134回(2006年) ダイワメジャー 第126回(2002年) シンボリクリスエス 第058回(1968年) ニットエイト バブルガムフェローは3着だった・・・。 あーあ、ピルサドスキーの単(8倍くらいだったと思う)で買っておけばよかった・・・。 ピルサドスキー、名前が見える子供や孫は少なくなったが、ヴィッセン9歳牡馬が、まだいる。 第102回(1990年) ヤエノムテキ 第080回(1979年) スリージャイアンツ 第030回(1954年) オパールオーキツト 第082回(1980年) プリテイキャスト バブルガムフェローというと、種牡馬として顕著な成績を残せなかったため、どこか「地味な馬」という印象がありますが、競走馬時代は非常に素晴らしい成績を残した名馬でした。 サンデーサイレンスは初年度産駒にフジキセキ(朝日杯)、ジェニュイン(皐月賞、マイルCS)、ダービー(タヤスツヨシ)といきなりとてつもないスターを輩出し、2世代目もダービーこそ「奇跡の馬」と呼ばれたフサイチコンコルド(父カーリアン)に譲った … 第062回(1970年) メジロアサマ 第152回(2015年) ラブリーデイ 第028回(1953年) クインナルビー バブルガムフェロー血統表; バブルガムフェロー JPN 1993 鹿毛: サンデーサイレンス USA Sunday Silence 1986 青鹿毛: Halo USA 1969 黒鹿毛: Hail to Reason USA 1958 鹿毛: Turn-to IRE 1951 鹿 … 第036回(1957年) ハクチカラ Copyright (c) keibainfo.jp, All Rights Reserved. 第130回(2004年) ゼンノロブロイ 第009回(1941年) エステイツ 第032回(1955年) ダイナナホウシユウ 父サンデーサイレンスは1986年米国産。米国年度代表馬。gⅠケンタッキーダービー、gⅠブリーダーズcクラシックなど14戦9勝。91年から日本で種牡馬となり95年~06年総合チャンピオンサイアー。94、95、97~05年2歳チャンピオンサイアー。 第090回(1984年) ミスターシービー 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、バブルガムフェローの血統情報:5代血統表に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 第136回(2007年) メイショウサムソン 第005回(1939年) テツモン 第098回(1988年) タマモクロス 第084回(1981年) ホウヨウボーイ 第128回(2003年) シンボリクリスエス 第156回(2017年) キタサンブラック バブルガムフェロー(1993年04月11日生まれ、牡馬、父サンデーサイレンス、母バブルカンパニー)5代血統表、次走報、予想に役立つ条件別データが無料でみられます! 第154回(2016年) モーリス 第046回(1962年) クリヒデ 第106回(1992年) レッツゴーターキン 第124回(2001年) アグネスデジタル 血統解説. 第024回(1951年) ハタカゼ バブルガムフェローの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 国際競走指定後: 第076回(1977年) ホクトボーイ バブルガムフェロー。 わずか3歳で天皇賞を勝つなんて。 爆発が世代を超える。 -2013年 天皇賞(秋) cmより.

麻布中学 入試問題 コーヒー, ヤクルト ファーム 練習試合, サッカー カウンター 守備, Eo光 コンビニ支払い クレジットカード, 千葉県公立高校入試 過去 問, 明治ホールディングス アナ リスト レポート, 菅田将暉 演技力 3年a組, グラスワンダー ウマ娘 かわいい,