日本軍が築いた城の泗川城(しせんじょう)に、明国・朝鮮連合軍が総攻撃をかけて来ました。 日本には、ちょっとヤバい状況… 連合軍5万に対し、日本軍は7千人かそこいら。 いつものごとく、日本兵は数が少ないんです。 アウェーですからね。 日本外務省は、日本軍「慰安婦」問題が1965年の日韓協定や2015日韓合意などですでに解決済みであるとして、日本軍性奴隷制問題の解決を求める韓国が国際法違反を犯していると主張する英語資料を作成し、海外博物館や政府などに流布している。 ただ、フィリピンでは韓国に対する嫌悪感も小さくありません。というのも、韓国人男性がフィリピンで女性に言い寄り、妊娠させて子供をつくった挙げ句に、責任を取らずに妻子を捨てて韓国に戻るケースが頻発しており、韓国人への不信感が… フィリピンの何処かに眠る埋蔵金《山下財宝》の真実を 証明します。 《山下財宝》とは俗称です。 フィリピンに眠る大量の金塊は日本軍、山下将軍とは 別の秘密機関によって埋蔵されました。 陸軍の軍資金は 《山下財宝》と言えるでしょう。 日本軍が起こした虐殺事件で最も有名なのは南京大虐殺です。 これはいまだに議論が盛んで、どういうわけかこの話になると普段は論理的な人も冷静さを失うほどです。 中国政府が発表する犠牲者の数が年々増えたり、多分に政治利用されているフシはありますが、火のないところに煙は立たないというか、数はともかく事実として事件はあったはず。 この、事実として受け入れるということが大事で、外からみたら日本の右派的な言説があれこれイチャモンをつけてなかったことにしようとしているように … フィリピン戦没者遺骨収集“日本人ゼロ”疑惑…厚労省が隠蔽した真実. 日本と韓国の歴史; 慰安婦問題とは; 朝鮮戦争から見る真実; 東アジアレジーム 日本と韓国の今後 日本と韓国の歴史. 内容は、タイトルどおり、先の大戦、占領地フィリピンの1945年マニラ市街戦のことです。当時の大日本帝国軍、米軍の動きを追いかけた論文のようです。 マニラ市街戦─その真実と記憶─(Web版) 中野聡(一橋大学教員) 2016年1月26日 日本軍の蛮行とされるマニラ大虐殺(市街戦)の真実を教えて下さい。私は日本軍は蛮行を行っていないと思います。フィリピンでの日本軍の悪行話は、大概マルコス政権時代に作られた後付けの工作である疑惑があります。マルコスは若い頃ア レイテに降る涙雨。人は生まれる時代を選ぶことは出来ない。, 1. 日本軍が直接フィリピン人を殺した数は菩薩さんも驚くぐらい少ないと思う。 戦闘で殺した数は合法的なので含めない。 大部分はアメリカ軍の砲撃や爆撃のとばっちりで死んだと思う。 小野田さんは、日本軍の軍人でゲリラ戦のエキスパートでした。1944年にフィリピンルパング島に派遣され終戦後も「任務解除の命令がない」とゲリラ戦を続行します。 1974年3月に帰国するまで29年間、フィリピン在住のアメリカ軍やフィリピン軍や地元警察を相手に「戦争」を継続していたのです。 小野田さんは一人だったわけではなく、同じ軍人の部下が数名いました。しかし、戦う必要のない戦闘によって命を落とし、1972年についに最後の部下、小塚金七陸軍上等兵が射殺されて死亡 … (5/10)日本は残虐な侵略軍だったのか?歴史に埋もれた真実 (6/10)日本は世界を征服しようとしたのか? (7/10)アジアから突きつけた初めての挑戦状「東亜新秩序」とは (8/10)同情は中国に、嫌悪は日本 … バターン死の行進(バターンしのこうしん、タガログ語: Martsa ng Kamatayan sa Bataan 、英語: Bataan Death March )とは、第二次大戦中の日本軍によるフィリピン進攻作戦において、バターン半島で日本軍に投降したアメリカ軍・アメリカ領フィリピン軍の捕虜が、捕虜収容所に移動する際に多数死 … B‚»‚̂悤‚ȏ—«‚Ì’†‚É‚Í•ƒ‚â•v‚ð–Ú‚Ì‘O‚ÅŽE‚³‚ꂽl‚à­‚È‚­‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñB. 日本軍がマレー半島に攻め込み、マレー沖海戦が行われました。 マレー人たちは、日本は白人には勝てないだろうと思っていたのですが、その意に反し、日本軍はマレー人たちの目の前で、プリンス・オブ・ウェールズとれパルスを撃沈し、イギリス太平洋艦隊を全滅させました。 →「大東亜/太平洋戦争の原因と真実」目次はこちら 第1部 侵略か解放か?日本が追いかけた人種平等の夢 1章 ふたつの世界地図はなにを語るか 1-1 70年ほど前に戦争があった 「臨... →「大東亜/太平洋戦争の原因と真実」目次と序文はこちら 第1部 侵略か解放か?日本が追いかけた人種平等の夢 前回... 第2部.レイテ沖海戦から地上戦まで、かく戦えり 第1章.レイテ決戦までの道のり 1.ミッドウェーとガ... 第2部.レイテ沖海戦から地上戦まで、かく戦えり 第1章.レイテ決戦までの道のり 2.東条内閣崩壊、新... 第2部.レイテ沖海戦から地上戦まで、かく戦えり 第2章.レイテ沖海戦 小磯内閣成立後の7月26日、日本本土を守る... 第2部.レイテ沖海戦から地上戦まで、かく戦えり 第2章.レイテ沖海戦 1943(昭和18)年から始まった米軍の総... 第2部.レイテ沖海戦から地上戦まで、かく戦えり 第2章.レイテ沖海戦 10月10日に米機動艦隊によって行われた沖... 第2部.レイテ沖海戦から地上戦まで、かく戦えり 第2章.レイテ沖海戦 4.捷一号作戦の発動 そ... 第2部.レイテ沖海戦から地上戦まで、かく戦えり 第2章.レイテ沖海戦 5.悲劇の特攻艦隊 その... 第2部.レイテ沖海戦から地上戦まで、かく戦えり 第2章.レイテ沖海戦 6.戦艦武蔵、シブヤン海に沈む... 第2部.レイテ沖海戦から地上戦まで、かく戦えり 第2章.レイテ沖海戦 7. この時、日本軍はフィリピンゲリラと一般市民の見分けがつきませんでした。 そこでマニラの日本軍部隊に、ゲリラの疑いがある、またはその可能性があると見られる、マニラ市民を(確たる証拠がないまま)処刑する命令が下りました。 また、日本軍と戦ったこともありません。 この建国日論争はまだ韓国国内で決着しておらず、そのために韓国には正式な建国記念日がないのです。 現在の親北政権である文在寅政権は、1919年を建国年としたいと思っています。 日本はフィリピン人の政権をつくり、苦し紛れに独立を承認しはしたが、総じて日本の政策はほとんど失敗に終わった。 日本敗戦後: フィリピン人たちは日本の軍政に苦しめられていたため、再度上陸したアメリカ軍を、「解放軍」として歓迎した。 大平誠 2019.5.20 07:00 aera. パラオの国旗は日本の国旗と非常に見た目が似ています。これは、パラオが日本に敬意を表してデザインしたという説もありますが、このような憶測が生まれるほど両国には深い関係性があるのです。今回は、日本とパラオの関係性を戦前からさかのぼって解説していきます。 フィリピン人にとっての日本軍3. 日本軍を誹謗中傷するつもりなど端からありませんが、できる限り真実を伝えたいために、日本人としては不快な内容もあえて記載しました。 日本軍のフィリピン統治に誤りがあったことはたしかです。 フィリピンの何処かに眠る埋蔵金《山下財宝》の真実を 証明します。 《山下財宝》とは俗称です。 フィリピンに眠る大量の金塊は日本軍、山下将軍とは 別の秘密機関によって埋蔵されました。 陸軍の軍資金は 《山下財宝》と言えるでしょう。 フィリピンだったと思うのですが「白人にエンピツを作らされたが、日本人はエンピツの作り方を教えてくれた」 とテレビで昔見たことあります。 日本は植民地というか独立させるように尽力していたと認識しています。 明日続き読ませてもらいます! 神立 尚紀. フィリピンだったと思うのですが「白人にエンピツを作らされたが、日本人はエンピツの作り方を教えてくれた」 とテレビで昔見たことあります。 日本は植民地というか独立させるように尽力していたと認識しています。 明日続き読ませてもらいます! フィリピン旅行記 ; 伊勢神宮旅行記 ... 蒙古襲来の真実~信用してはいけない日本の歴史教科書4 . 慶長の役の目的は、朝鮮への征伐。 和平交渉が決裂した、オトシマエを付けるための戦でした。 その前の文禄の役は、明国の征服を目指していたので、同じ朝鮮出兵でも意味合いが違いますね。 さて、慶長の役の大きな戦闘では「蔚山城の戦い」(うるうさんじょう)があります。 蔚山城とは、朝鮮に築いた日本軍の城。 日本軍はここを拠点として、戦を展開するつもりだったでしたが… 警戒をサボっていたら、明国と朝鮮の部隊に取り囲まれちゃった! その頃の蔚山城は、まだ未完成で十分な防御が出来ま … また、日本軍と戦ったこともありません。 この建国日論争はまだ韓国国内で決着しておらず、そのために韓国には正式な建国記念日がないのです。 現在の親北政権である文在寅政権は、1919年を建国年としたいと思っています。 名もなき日本軍慰霊碑の秘話5. カメラマン・ノンフィクシ� 日本と韓国の関係の真実を探っていこうと思います 目次. 戦後、イギリスやオランダはアジアの植民地を奪還しようとした。ところが、現地の人々は占領時に白人が日本軍にさんざんやっつけられたのを見ていたから、何するものぞという独立運動が高まった。 レイテ島においては、上陸を果たそうとするアメリカ軍と阻止しようとする日本陸軍がせめぎあい、2ヶ月の後に日本軍8万はほぼ全滅に至りました。 大東亜/太平洋戦争中、フィリピンで戦死した日本の将兵は52万人を超えています。 《佐治芳彦 「雑学 太平洋戦争の真実」》 ... インドネシアに対するほど本格的ではないにせよ、日本軍は、フィリピン、ビルマ(ミャンマー)、マレーシア、カンボジア、ベトナム、ラオスなど日本軍が進駐した地域において独立運動の指導者を支援・養成するなど、独立への準備を行ってい� 彼らはなんのために、自らの命を犠牲にしてまでも戦わなければいけなかったのか、その思いに耳を傾けることは、後世に残された私たちの義務ともいえるでしょう。, そこで、今回当サイトではシリーズを始めるにあたり、「日本はなぜ大東亜/太平洋戦争をしたのか?」という問いに答えるために多くのボリュームを割くことにしました。, このなかで、「日本はなぜ戦争をしたのか?」を深掘りしたのが第1部です。初めに断っておきますが、第1部のボリュームだけでも通常の単行本数冊分に相当します。, 第二次世界大戦へと至った経緯を調べていくと、「なぜ?」という問いが次々と生まれ、歴史をどんどん遡(さかのぼ)っていくことになったからです。, 当サイトでは第二次世界大戦へと至った起点を、15世紀半ばから始まる大航海時代としました。, 第1部はプロローグとして「ふたつの世界地図はなにを語るか」から始まり、対立する歴史認識について紹介した後、「大航海時代」をじっくりと掘り下げます。, 日本をはじめ、世界中の多くの歴史学者が指摘するように、第二次世界大戦には大航海時代に端を発する人種戦争としての側面があります。, コロンブスのアメリカ大陸発見から、ヨーロッパの白人たちが有色人種を虐げる歴史が始まりました。アフリカもアジアも、ほとんどの国が西欧列強の植民地となり、数え切れないほどの悲劇が生まれています。, こうした歴史をばっさりと切り捨てたまま「なぜ戦ったのか」を考えてみても片手落ちです。幕末からの日本の歩みは、歴史の連続性の上に成り立っています。, そのあとに「第二次世界大戦への道筋」として、ペルーの黒船来航による開国から明治・大正・昭和にわたり、日本がどのような軌跡をたどって大東亜/太平洋戦争へと至ったのかを追いかけます。, といっても、単に教科書通りの記述を行っても意味はありませんので、教科書には書かれていない歴史的な事実を取り上げ、日本が軍事大国化していったのはなぜなのか。, 明治以降の日本はなぜ領土を拡大していったのか、日本の大義はどこにあったのかを徹底的に深掘りします。, その上で、改めて「日本はなんのために戦ったのか」を振り返り、第1部のまとめとしています。, 続く第2部以降は「レイテの戦い」を時系列で追いかけながら、レイテの戦いから始まった神風特攻隊について第3部で紹介するとともに、フィリピンから日米の決戦はどのように見られていたのかを、第4部としてお届けします。, シリーズを通して、日本人にとってフィリピンという国がどれだけ特別な存在であったのかを汲み取ってもらえたなら、うれしい限りです。, 本シリーズが、フィリピン留学を通してグローバル人材へと成長するための一助になることを願っています。, なお、本シリーズをまとめるにあたり 数百冊の書籍を参考にしました。参考文献については最後の回にまとめて掲載してありますので、ご了承ください。, また序章以降から「第二次世界大戦」を「太平洋戦争」でも「先の大戦」でもなく、「大東亜戦争」という呼称をメインで使っています。理由については、第1部の「ふたつの世界地図はなにを語るか」に紹介してありますので、目を通していただければ幸いです。, それでは、全部目を通していただくとなると相当長いおつきあいになるかと思いますが、レキシジン流の歴史認識に基づく「大東亜/太平洋戦争の原因と真実」を始めさせていただきます。, 1. 75年前の今日、1944年10月20日。マッカーサー率いる米軍がフィリピン奪還の第一歩としてレイテ島に上陸。熾烈なフィリピンの戦いが始まった。 日本人なら知っておくべき特攻の真実~右でもなく、左でもなく… 当事者の証言とデータから実像に迫る. 深く澄み切った青を何層も重ね塗りしたような静かな海の中に、その島はたたずんでいます。セブから北東の方向に飛行機で45分、フェリーであれば2時間ほどの距離にあるその島は、レイテ島と呼ばれています。, 70年ほど前、かつてこの地で戦争がありました。大東亜/太平洋戦争中日本とアメリカの軍隊がもっとも激しい戦いを繰り広げたのが、レイテを中心とするフィリピンです。そのときフィリピンは、アメリカの植民地でした。, 美しく澄み渡ったレイテ沖において、かつて日本とアメリカの海軍は総力をあげて激突しました。その戦いは史上最大の海戦として、今も語り継がれています。神風特攻隊がはじめて飛び立ったのも、レイテ沖海戦が初めてでした。*正確にはセブ島から飛び立った久能好孚(こうふ)中尉が1号と言われています。 フィリピン マバラカットにある神風特攻隊の像。ここからレイテ島に向けて飛び立った。 レイテ島においては、上陸を果たそうとするアメリカ軍と阻止しようとする日本陸軍がせめぎあい、2ヶ月の後に日本軍8万はほぼ全滅に至りました。, 大東亜/太平洋戦争中、フィリピンで戦死した日本の将兵は52万人を超えています。レイテやセブ島のジャングル、そしてレイテ沖の海の底には、37万人以上の日本兵の遺骨が未だ眠ったままです。野ざらしのまま密林の中で、そして深い海の底で、70年余の歳月を過ごした彼らの魂は今なにを思っているのでしょうか?, 戦いで死んでいったのは兵士ばかりではありません。この戦争で犠牲になったフィリピン人は、100万人を超えています。, 今日では東南アジアのなかでも一番の親日国といわれるフィリピンと日本の間には、そのような悲劇の時代もあったのです。, 同様に「日本が真珠湾を攻撃しなければいけなかった理由」は、「アメリカが日本への石油輸出を止めた経済制裁」から来ています。そして更に「アメリカが日本への経済制裁」をした理由は、その前の理由から来ています。, そうやってさかのぼって突き詰めると、大東亜/太平洋戦争、いえ世界史は「なぜマゼランがフィリピンのセブ島に上陸したのか」から見ることで、全て紐付けることが出来ます。, 今回からフィリピンを舞台に、あの戦争でなにがあったのかを「大東亜/太平洋戦争の原因と真実」として、シリーズでお届け致します。, 以前は「俺のセブ島留学」で掲載しておりましたが、情報量が膨大になったため、スピンオフしてこの専用サイトで情報をお届けする事になりました。, 近現代史は学校の授業でもほとんど教わらないため、戦争があったことは知っていても、なぜ戦争が起きたのか、そこで何があったのか、戦争の痕跡(こんせき)とそれによって何が変わったのかを、私達の多くは知らないままです。, そこで、フィリピンで起きた戦争の痕跡をじっくりとたどることで、大東亜/太平洋戦争を含めた過去の戦争がどう今の世界、特に今の東南アジアにつながっているのかを、知ってもらいたいと思います。, このシリーズを読むことで、フィリピン人の立場にたった国際交流が出来るだけでなく、他国の人たちと交流を深める際にも必ず役立ちます。, 「大東亜/太平洋戦争の原因と真実」ではフィリピンで行われた日米の戦いのなかから、セブ島からも近い「レイテの戦い」を取り上げます。今後、マニラ市街戦やダバオでの死の行進なども取り上げるとともに、東南アジア各国が第二次世界大戦後にどのように独立を果たしていったのかについて紹介する予定です。, 「レイテの戦いがどのように行われたのか」を単にたどるだけでは、真実は何も見えてきません。, 私たちの父祖はなぜ日本から遠く離れたレイテで戦い、その地で命を落とさなければならなかったのか、そうした父祖の思いを知ることは、現代の日本とフィリピンの関係を考える上でも大切なことです。, 今でこそセブは世界を代表する国際的リゾートとして栄え、セブ島留学も人気を集めています。そんなセブ島だけでも、日本人の戦没者は12000人を数えます。その多くは、まだ二十歳前後の若者でした。, いくつかの語学学校があるセブのITパークは、第二次世界大戦当時、日本軍の飛行場があった場所です。そこから若者たちは神風特攻隊として大空に舞い、米艦めがけて体当たりしていきました。 2019/8/5 2019/8/5 ... さらにそんな日本軍と対峙するためには、さらにその手前にある罠の数々を抜けていく必要があります。 . 日本軍の蛮行とされるマニラ大虐殺(市街戦)の真実を教えて下さい。私は日本軍は蛮行を行っていないと思います。フィリピンでの日本軍の悪行話は、大概マルコス政権時代に作られた後付けの工作である疑惑があります。マルコスは若い頃ア ironna編集部 戦争 1941年12月8日、旧日本軍の空母6隻と航空機約350機などからなる機動部隊がハワイ・真珠湾の米軍基地を強襲した。米側は軍艦6隻が撃沈し、約2400人が犠牲となった。なぜ日本は真珠湾攻撃を決断したのか。日米開戦75年目の真実を読み解く。 神風特攻隊の誕生秘話2. →「大東亜/太平洋戦争の原因と真実」目次と序文はこちら 第1部 侵略か解放か?日本が追いかけた人種平等の夢 ... →「大東亜/太平洋戦争の原因と真実」目次と序文はこちら 第1部 侵略か解放か?日本が追いかけた人種平等の夢 5.... 第3回 オルモックの激戦地を訪ねて 前回はリモン峠周辺の慰霊碑をめぐりました。最終回となる今回は再びオルモックへと... このシリーズは元々、フィリピン留学前に日本とフィリピンにどんな過去があったのか、フィリピン人と日本人は過去にどのような関係を築いてきたのかを知ってほしいと思い始まった、企画です。, タウン誌の副編集長を経て独立。フリーライターとして別冊宝島などの編集に加わりながらIT関連の知識を吸収し、IT系ベンチャー企業を起業。 その後、持ち前の放浪癖を抑え難くアジアに移住。フィリピンとタイを中心に、フリージャーナリストとして現地からの情報を発信している。. 戦後70年を迎える今夏、『ありがとう日本軍』を上梓した井上和彦氏。「一度も、1人たりとも、日本軍を悪し様に語る方に出会いませんでした」。世界中をその足でまわった井上氏が、今、伝えたいこと … 日本軍のために、たとえばマニラの戦いで10万人死んだと普通に言われてたりするんですけど、実はフィリピンの現地で聞いても、アメリカ側で聞いても、 日本で言ってるように10万人日本のために死んだと言ってる人はいない んですよ。 フィリピンはアメリカの植民地であったため、戦争に巻き込まれ、日本軍は1941年12月の終わりにリンガエンに上陸しました。マニラは1942年1月2日、日本の軍隊に占領されました。21 少年時代、誇り高い日本軍人と楽しい時間を過ごしたフィリピン人著者が、その真実の姿と、崇高な精神について語った。 「長い間フィリピンを植民地としてきたスペインやアメリカに比べれば、日本のフィリピン支配はほとんどないに等しいものでした。 カンギポットを往く。密林に眠る数え切れないほどの悲劇の物語2. 日本と韓国の関係(歴史)からおさらいしていきましょう あまり戻り過ぎても冗長になるだけなので割り切って、 1910 戦後70年を迎える今夏、『ありがとう日本軍』を上梓した井上和彦氏。「一度も、1人たりとも、日本軍を悪し様に語る方に出会いませんでした」。世界中をその足でまわった井上氏が、今、伝えたいこと … 悲壮スリガオ海戦 西村艦... 第2部.レイテ沖海戦から地上戦まで、かく戦えり 第3章.レイテ陸上戦1.ここが天王山 レイテ決戦へ フィリピ... 第2部.レイテ沖海戦から地上戦まで、かく戦えり 第3章.レイテ陸上戦 2.リモン峠の戦い マニラのあるルソン... 第2部.レイテ沖海戦から地上戦まで、かく戦えり 第3章.レイテ陸上戦3.ブラウエン飛行場奪還作戦 リモン峠で... 第2部.レイテ沖海戦から地上戦まで、かく戦えり 第3章.レイテ陸上戦4.一筋の希望、カンギポットに集結せよ! ... レキシジン(歴史人)は「第二次世界大戦」の戦地となったフィリピンレイテ島を中心に、大航海時代から大東亜戦争/太平洋戦争までを振り返ります。 大東亜戦争/太平洋戦争の原因と真実をできるだけ右でも左でもなく、両面の立場から伝える完全無料で公開しているウェブサイトです。, 日本とアメリカの軍隊がもっとも激しい戦いを繰り広げたのが、レイテを中心とするフィリピンです。, #100 戦争で日本が果たした役割とは?数百年続いた植民地支配をなぜ崩壊できたのか?, #01 大東亜/太平洋戦争前後の2つ地図は何を語るか?第二次世界大戦という人種戦争, 【レイテ島慰霊の旅3/3】レイテに降る涙雨。人は生まれる時代を選ぶことは出来ない。, 【レイテ島慰霊の旅2/3】リモン峠を往く。50日間米軍の猛攻に耐えた第1師団の戦い, 【レイテ島慰霊の旅1/3】カンギポットを往く。密林に眠る数え切れないほどの悲劇の物語, #116 ブラウエン飛行場奪還作戦 レイテ島で日本軍の将兵が死んでいった本当の理由, #107 捷一号作戦の発動。レイテ沖海戦が行われた地域は日本の本州よりも大きかった, #109 魚雷20発、爆弾17発。栗田艦隊を守るために、米機の攻撃を一手に引き受けた戦艦武蔵, #114ここが天王山!フィリピンの戦いはレイテ地上戦へ「マレーの虎」山下大将来たる, #115 「I shall return」アメリカ軍マッカーサーのレイテ島上陸とリモン峠の戦い. ironna編集部 戦争 1941年12月8日、旧日本軍の空母6隻と航空機約350機などからなる機動部隊がハワイ・真珠湾の米軍基地を強襲した。米側は軍艦6隻が撃沈し、約2400人が犠牲となった。なぜ日本は真珠湾攻撃を決断したのか。日米開戦75年目の真実を読み解く。 リモン峠を往く。50日間米軍の猛攻に耐えた第1師団の戦い3. パラオの国旗は日本の国旗と非常に見た目が似ています。これは、パラオが日本に敬意を表してデザインしたという説もありますが、このような憶測が生まれるほど両国には深い関係性があるのです。今回は、日本とパラオの関係性を戦前からさかのぼって解説していきます。 ITパークの戦前と戦後 引用:the WAR in Cebu(University of San Carlos press) ツイート. 小野田さんは、日本軍の軍人でゲリラ戦のエキスパートでした。1944年にフィリピンルパング島に派遣され終戦後も「任務解除の命令がない」とゲリラ戦を続行します。 1974年3月に帰国するまで29 少年時代、誇り高い日本軍人と楽しい時間を過ごしたフィリピン人著者が、その真実の姿と、崇高な精神について語った。 「長い間フィリピンを植民地としてきたスペインやアメリカに比べれば、日本のフィリピン支配はほとんどないに等しいものでした。 日本軍の軍政下で、フィリピン人は激しいゲリラ戦を展開し、抵抗運動を行いました。日本軍はゲリラ討伐を理由に、残酷な作戦を実行しました。フィリピンでのBC級戦犯裁判では、起訴381件の内、住民虐殺が138件、強姦が45件と多数を占めています。 民間人の投降を許さなかった日本軍4. 日本軍マニラ侵入の翌日、1942年1月2日、日本の軍事政権がフィリピンの政治・経済・文化活動を指揮するため設置された。 第一主任将校にハヤシ・ヨシヒデ、第2・第3にタカギ、ワイチ各陸軍少将が就任 … 日本兵に子供を殺されたキリノ大統領の決断.

10万円 まで の 借家, スクリーンショット 通知 Windows, 表札 賃貸用 戸建, リクシル アウトセット 引き戸, Usキーボード 日本語入力 Windows10, キッズ ジャンパー 冬, 南海バス 河内松原 路線図, 希薄 化 防止 条項 定款, ワックスペーパー オリジナル 印刷, ローソン 通販 パン, ゴルフ 室内灯 Led, 鎌倉 空き家 賃貸,