<]/Prev 978835>> %%EOF , 「地方自治の本旨」に基づく地方公共団体のあり方(92条) を考えると , 外国人の地方自治体選挙権はむしろ地方自治の理念に適 合する 。 第四に , 国政選挙につ いては違憲 , 地方選挙に関しては , 議員選挙 につ ては合憲 , 長 (知事 地方選挙権については地方自治法11条・18条が同様の規定をおいており, 被選挙権については同法19条が規定している。 近年,地方自治体レベルの選挙権については,外国人に認めることがで きるとする見解が有力になっている웇움웈。 選挙権を持つためには、必ず備えていなければならない条件(積極的要件)と、ひとつでも当てはまった場合、選挙権を失う条件(消極的要件)があります。 ※公職選挙法の一部改正により、同一都道府県内であれば、二回以上住所を移した場合であっても選挙権を失わないこととなりました。 179 南山法学41巻3・4号(2018年) .° . 0000003029 00000 n 100 44 なるほど!選挙. 日本維新の会の憲法改正原案. 0000373873 00000 n �Y�ցLy8���]8 [6\��d�c�_�I�F�D7"���DXv*������Qm��%��f�����R^EA�n��|��?�R&/?� る地方選挙への参政権など、人権保障に関す る要望決議」を全会一致で採択したのに続 き、各自治体が地方参政権付与賛同の意見書 を採択してきた。これまでに、数多くの自治 体議会で賛同決議がなされ、 … 0000002509 00000 n 0000000016 00000 n 日本では、日本国籍のない人に選挙権を基本的に認めていません。しかし、判例では地方議会選挙権なら与えても違憲とまではならないとしてるのです。今回はこの外国人と地方議会選挙権の判例を解説し … 214 中小自治体における外国人諮問制度の課題 ――大阪府豊中市の事例から―― 制度は福祉や教育などをはじめとした多くの 分野で取られている施策であるが、現時点に おいては選挙・被選挙権を有さない外国人に 27 県議会といくつかの自治体が外国人地方参政権への反対を可決、 6県議会が慎重な対応 を求める意見を可決、 2県議会が賛成意見を可決している。対馬や与那国島など、国境に接 する自治体で特に懸念さ … 179 南山法学41巻3・4号(2018年) .° . 自治基本条例の危険性 自治基本条例は、自治体によっては市民参画条例、街づくり条例などと、その名称は様々です。 一見、地方行政への市民参加を促す条例のように思われますが、多くの問題点や危険性 … xref 0000001176 00000 n 0000435298 00000 n ���.�N�{���噦a��z���F�͒M�'���-3��������q��_o��#��0[�WM>#( ��W �2߹�Y���إ�� 0000458868 00000 n 2012年の橋下徹氏のツイートが何度も取り上げられています。 多くの方はこちらのツイートを見て 「橋下徹は特別永住者には参政権を与えろと言っている!」 と思っているんじゃないでしょうか? でも、次のツイートも同じ年の2か月前にしてるんですよ。 魚拓:http://archive.is/Kuj9j 「被選挙権や公権力の行使にかかわらない」 そのような「純粋な地域コミュニティーのルール作り」に限ってと言っています。 現状、一般の … 0000434743 00000 n 0000458103 00000 n 直接請求は、長や議員の選挙権を有する日本国民たる住民でなければ利用できない。 住民自治を具体化する制度として、 直接請求 がある。 地方自治法 は、 直接請求 として以下の 6種類 を規定している。 日本における 「定住外国人」の地方選挙権 菅 原 真 i はじめに ii 日本国憲法と「定住外国人」の地方選挙権 1 日本における「定住外国人」の地方選挙権をめぐる動向 0000003847 00000 n 0000011406 00000 n 0000374142 00000 n [31] 斯くて、地方自治体による各種公共サービスも、両者につき、等しい付与がなされなければならぬと言える。地方自治体選挙権がその住民に付与される由縁は何か。それは治者と被治者の同一性の要請であろう。それが憲法的地方自治の本旨である。 0 .p* 0000011595 00000 n 0000003959 00000 n 外国人参政権とは その国の国籍を有しない外国人に付与 される参政権。. 地方自治体選挙。日本全国の地方選挙情報を掲載しております。候補者の情報から、選挙結果、得票数まで。首長・議会選挙などすべての選挙を網羅しています。イチニ株式会社(選挙ドットコム運営) 日本維新の会の憲法改正原案と外国人地方参政権. これが、 「定住外国人地方参政権付与許容説」 というものです。 試験との関係では、このセンで答案書かないとダメですよ、 今のところ。 繰り返しますが、 15条1項では選挙権は日本国民固有の権利としており、93条2項の「住民」も、 外国人選挙権の問題は安保問題である 外国人の選挙権問題は、在日問題から、日中問題に重心を移しつつあります。中国人永住者は、現在、約14万人おります。1年間に約1万人づつ増加しております。 143 0 obj <>stream つ者で、地方自治体の条例が定める20歳以上の外国人に、住民投票権を認めている。 (第5条) ・ 法案の審議過程で政府側は、住民投票権付与の対象に、韓国人の外国人配偶者や、5年 第95条 ③自治体の議会の議員、知事又は長及び自治体の条例で定めるその他の公務員は、 その自治体の住民であって日本国籍を有する者 が、直接これを選挙する。 選挙権が国民固有の権利なら、国・地方を問わず、 外国人に選挙権を認めるべきではない ね。 でも、地方自治の観点からは、永住権を持った外国人に、 地方参政権を認めてもいいのでは? �� つ者で、地方自治体の条例が定める20歳以上の外国人に、住民投票権を認めている。 (第5条) ・ 法案の審議過程で政府側は、住民投票権付与の対象に、韓国人の外国人配偶者や、5年 0000009677 00000 n 賛成論者は、同判決の「法律で、地方自治体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではない」との『傍論』を根拠としていますが、主文を無視して『傍論』だけで論ずるのはまさしく暴論です。 外国人選挙権の問題は安保問題である 外国人の選挙権問題は、在日問題から、日中問題に重心を移しつつあります。中国人永住者は、現在、約14万人おります。1年間に約1万人づつ増加しております。 %PDF-1.3 %���� 0000435228 00000 n 0000415498 00000 n 本年(平成22年)1月下旬、政府与党が通常国会で永住外国人地方参政権を付与する法案を成立させる方針を確認して以来、直接その現場となる地方自治体や地方議会から、政府の拙速な法案上程の動きに反対の声が相次いでいます。 0000423692 00000 n 日本における外国人参政権 … 要求してる99%は在日の人たちだった… 外国人参政権とは. 0000014582 00000 n 0000009925 00000 n 0000009342 00000 n 0000374347 00000 n 地方選挙権については地方自治法11条・18条が同様の規定をおいており, 被選挙権については同法19条が規定している。 近年,地方自治体レベルの選挙権については,外国人に認めることがで きるとする見解が有力になっている웇움웈。 hޜTmhSg~�gҴ�7M�&��%j&UZ�(e�����ku�j6ee���*76q��]ԒQ6G:(��j,�й�T�ъ�n��!����e�ٽ7��?�c�{/�=���y��}_ $�L�4�a’��4��,�(�{���5q~=�����,��n�8��i��Ý4��i�RD���6��rQlcc"��yO���?��Y9� https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/141103/plt14110308000001-n1.html 0000458841 00000 n 自治体に関する重要事案について住民が直接、意思表示する住民投票に、外国人も参加できる住民投票条例を制定する自治体が増えており、川崎市や広島市ですでに外国人の投票が可能になっている。この条例は公職選挙法や地方自治法の適用を受けないため、外国 endstream endobj 101 0 obj <>]/PageLabels 90 0 R/Pages 92 0 R/Type/Catalog/ViewerPreferences<>>> endobj 102 0 obj <>/ExtGState<>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]/XObject<>>>/Rotate 0/TrimBox[0.0 0.0 419.528 595.276]/Type/Page>> endobj 103 0 obj <> endobj 104 0 obj <> endobj 105 0 obj <> endobj 106 0 obj <> endobj 107 0 obj <> endobj 108 0 obj [123 0 R] endobj 109 0 obj <>stream J�� ?����ܮ�9�r(|A���l뜗)�kc�r�&�XN�>o��x�z�2�e��촒r��i|`>���_7&����e~�������ŕ�'��>����I�s�������8=��j�}���-)E�k���N;���Y�pUaz������?t-��y��6uzj�w��q��#�/d�B��t�6����ƴ�s���C7Mᡝa���᪉n�U�IK�g��o�ܡn����S�Zّ��]�y��9l�b\Z,�����:�b�1I�2,T�|t�������Eғ���ezH��~Y>ɷ�� &W�b(��0D�K7��V�L�2�|/����(�:huʉN�W#V�ԯ���L�",8S+�YzoJ��S� 外国人参政権は 世界的には一般的でない ものの、 欧州地域など一定の制約下で認められているケース もある。 0000015472 00000 n 0000003236 00000 n 0000423536 00000 n startxref 選挙権と被選挙権. 0000458280 00000 n 自治体の選挙管理委員会が管理する選挙であっても、公職選挙法が適用されない選挙には国籍条項は無い。 法的拘束力はないものの地方自治体における一部 住民投票条例 には外国人に投票権を認めるという形で外国人参政権が実施されている例がある。 100 0 obj <> endobj 0000459188 00000 n 0000459317 00000 n しかし地方選挙権は、定住的住民 の基礎にして重要な権利であることに変わりはない。移民たちの選挙権が実現しないなか、 地方自治体のなかには手をこまねいてその実現を待つのではなく、移民の意思を … 0000011558 00000 n 0000423606 00000 n しかし、地方自治体の長や議員の選挙には、ちょっと、足が遠のくというのが、実情ですね。 日本人のあなたは、選挙に行って投票していますか? ところで、選挙に関するこんな質問がありました。 在留資格「永住者」を持っていますが、選挙できますか? 外国人参政権訴訟以前の1988年、長尾一紘中央大学教授(憲法学)が、論文「外国人の人権-選挙権を中心として」において、ドイツの学説である「部分的許容説」を日本で初めて唱え、日本国憲法下でも外国人に地方参政権を付与できると主張した。この論文は最高裁の平成7年(1995年)判決の「傍論」にも影響を与えた。 しかし、民主党を中心とする連立政権が誕生し、外国人への地方選挙付与が現実味を帯びたことで、長尾は自説に対し疑義を抱き、2009年12月に「部分的許容説は維持できない。違憲で … 普通の外国人の参政権は憲法上保障されていないが「永住者等であって居住する自治体と特段に緊密な関係を持つに至った者」には、法律によって「選挙権」を付与することは禁止されていない、と最高裁が言っているのです。 0000435472 00000 n 0000011932 00000 n 日本では、日本国籍のない人に選挙権を基本的に認めていません。しかし、判例では地方議会選挙権なら与えても違憲とまではならないとしてるのです。今回はこの外国人と地方議会選挙権の判例を解説し … 0000004100 00000 n ���.+���_�"v�Xw���z��a����n�:vAk�2X�-�2��|Q��N�Ol-Ֆ����G��L8}H{zU�H����B�����#m�]1�ɥ۷W 日本における 「定住外国人」の地方選挙権 菅 原 真 i はじめに ii 日本国憲法と「定住外国人」の地方選挙権 1 日本における「定住外国人」の地方選挙権をめぐる動向 日本維新の会の憲法改正原案. 0000004073 00000 n 反対論には、全国で数十万人の人口を有する外国人が地方選挙権を獲得すれば、ある自治体を反国家的な支配状態に置くこともあり得るとの危惧や、安い賃金で仕事をする外国人に、自分の職を奪われるのではないかという不安が背景にあると思います。 0 日本維新の会の憲法改正原案と外国人地方参政権. 私たちは、18歳になると、みんなの代表を選挙で選ぶことのできる権利が与えられます。これが「選挙権」。そして、その後ある年齢になると、今度は選挙に出てみんなの代表になる資格ができます。これが「被選挙権」。 H�|��j]I��z���Z�y #����� K�nAY�jᷯ���������O_o޽���k-~{{�~��=~�x�������ק�ϗ_�=>�z�������/�緋���]�����ݿ�����r�c��\�Oo�[g�����/׋[�y��x��r�p}��|�yg����n_��������[c8�����_����a/�n�E��"�Z�f.r^��ݏ���EޔtP����ŲR\����s��1))�9�����L�EɍxH��̱�vQ� �#�`�ǖʍ<7�h�h��ڇ?dQv���Y�v��$�%n����k�E�k�����>�(���;�"��O��yx�Fd&dv(C ����d��vX����~������QN6��X/�#/f�(%���.r�;t�!L�}�մ9�Oi��7�z#Ek��F�nd;7v�;E�H���!���6�H�U�LQ)ARv�h��A�l1�����D��f���z?Qi�p�sN��I����)O�VC$;l�~��Y�Z�ęuho����w�Ȍ���$>��\�\P|B��?Qr�*�Ey��#. 自治体に関する重要事案について住民が直接、意思表示する住民投票に、外国人も参加できる住民投票条例を制定する自治体が増えており、川崎市や広島市ですでに外国人の投票が可能になっている。この条例は公職選挙法や地方自治法の適用を受けないため、外国人の投票も問題ないとされるが、実質的に外国人地方参政権を認めることになるとの懸念の声もある。元千葉県我孫子市長で中央学院大の福嶋浩彦教授と、中央大の長尾一紘名誉教授に見解を聞いた。(溝上健良), 「住民投票自体、まだあまり広がっていないと考えるが、地方自治は国の政策をアレンジして実行するものではなく、市民一人一人から出発し、皆で議論して合意を生み出し、その合意で地域社会をつくっていくものだ。日本人と同様に地域で生活し、納税し、公共サービスを利用している永住外国人が、可能な範囲で合意形成の場に入ることは大切だ。外国人の住民投票権が広がるのは当たり前だと思う」, 「市議会でもこの点はさほど問題にならなかった。地方での外国人選挙権は憲法上、禁止説と容認説と両論あるが、条例で定める住民投票への外国人参加が違憲だという議論は成り立たない。外国人の参加を認めるかどうかは条例に委ねられている、というのが我孫子市議会の共通理解だったと思う」, 「地域において外国人が可能な範囲で日本人と同等の権利を持って豊かな生活をしていることは、日本の安全や平和を守る上でも、外交を進める上でも非常にプラスになると考える。外国人の選挙権の場合は、極端な話、首長や議会への影響力を行使して出身国の利益を誘導するという批判もあるようだが、住民投票には当てはまらない」, 「自治体は、誘致するか否かの態度表明はできても、基地に関する最終的な決定権はない。万一、日本の国防や外交に重大な影響を与えるような立場にある自治体が存在して、かつ、外国人が多数住んでいるのであれば、その自治体が住民投票の対象や投票資格者を工夫すればよい。条例は全国一律である必要はない」, --自治体によっては在住外国人だけで住民投票の実施を発議できる可能性があるのではないか, 「我孫子市の場合は有資格者の8分の1の署名で住民投票を発議できるが、外国人が8分の1を占めるようになるのは想定できない。もし、外国人に限らず特定の集団だけで8分の1となる可能性があれば、そのハードルを高くする必要がある」, --住民投票の結果に法的拘束力はないとはいえ、間接的に外国人が地方参政権を行使することにならないか, 「選挙権の問題は、それ自体として十分議論する必要があるが、住民投票への参加は選挙権とは別に判断してよい。また、住民投票のテーマになるような地域の問題で、日本人か外国人かで意見が異なるということも想定しにくい。外国人の組織票が決定的な影響力を持つとは思えない」, 「住民投票であっても、外国人に投票権を与えることが憲法違反であることは明らかだ。日本国憲法は参政権を『国民固有の権利』としている。これは選挙権だけでなく、住民投票まで含まれるというのが憲法学界では主流の見解だといえる。また憲法上、条例の制定は『法律の範囲内で』のみ可能とされているが、外国人参政権を認める法案が何度も国会に上程されながら成立しなかった経緯を考えれば、国会で制定できなかった内容を裏口から導入することになる外国人の住民投票権を認める条例は、憲法の趣旨に反する」, 「首長や地方議員らは法的には住民投票の結果に拘束されないとはいえ、住民投票で明示された住民の意向に反する行動を取ることはかなり困難だ。現在、日本では首長と議会が権限と責任を持って行政を遂行しているが、住民投票制度によって地方にいわば第3の機関ができてしまう。その分だけ首長や議会の権限が縮小され、憲法や地方自治法で定められた本来の行政システムにダメージを与えることになる。住民投票の結果は、単なる参考意見ではありえない」, 「対象事項があまりにも漠然としていることだ。すでに実現されている多くの条例で『市が直面する将来に関わる重要課題』が住民投票の対象事項である、などとされている。これでは例えば米軍基地の存続の是非も対象事項となってしまう。これは日本国の将来を決する重要な問題で、国民の総意で決めるべきことであり、一自治体の判断で左右されてはならない。この点においても、各地で導入されている住民投票制度には違憲の疑いがあるというべきだ。ヒトラー時代のドイツが国民投票での圧倒的賛成で国際連盟からの脱退を決めた例もあるように、住民投票はその時々の状況や住民感情で一方に流れかねないことも問題だ」, 「住民投票では、離島などの小さな自治体であれば外国人が大挙、住みついて投票結果を左右することが十分に考えられる。日本各地で米軍基地撤廃運動が展開され、そこで住民投票が外国の国益のために利用されれば、日本の安全保障の根幹が脅かされる危険がある」, 「『市民参加』『市民主権』などの美名のもとに制定されてきた条例の問題点に最近、保守系の議員らも気づきはじめ、神奈川県鎌倉市のように条例制定がストップした例もある。今後も議論を盛り上げていかねばならない」, 【プロフィル】福嶋浩彦(ふくしま・ひろひこ) 昭和31年、鳥取県生まれ。58歳。筑波大除籍。我孫子市長を3期12年務め、外国人投票権を認める市民投票条例を制定した。平成22~24年、消費者庁長官。著書に「市民自治」など。, 【プロフィル】長尾一紘(ながお・かずひろ) 昭和17年、茨城県生まれ。72歳。中央大法学部卒、東大大学院修士課程修了。中央大教授を経て名誉教授。専門は憲法学。著書に「外国人の選挙権 ドイツの経験・日本の課題」など。. 0000011622 00000 n 0000435037 00000 n 外国人参政権の議論は、こちらがメイン。ポイントは、国政の場合が15条1項の解釈だったのに対して、地方は93条2項の解釈になること。判例は、しっかりタイトに読んでおくことをオススメしたい。 次は、地方レベルでの参政権です。 trailer 0000458708 00000 n 0000002204 00000 n 0000457841 00000 n 地方自治体選挙。日本全国の地方選挙情報を掲載しております。候補者の情報から、選挙結果、得票数まで。首長・議会選挙などすべての選挙を網羅しています。イチニ株式会社(選挙ドットコム運営) しかし地方選挙権は、定住的住民 の基礎にして重要な権利であることに変わりはない。移民たちの選挙権が実現しないなか、 地方自治体のなかには手をこまねいてその実現を待つのではなく、移民の意思を … ���8q��Q��k��r�4��&�(��]~T��0�J��"�,�A�%*C�� 第95条 ③自治体の議会の議員、知事又は長及び自治体の条例で定めるその他の公務員は、 その自治体の住民であって日本国籍を有する者 が、直接これを選挙する。 0000002896 00000 n 0000458307 00000 n 政府が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与を検討していることに対し、都道府県知事や地方議会から反対表明や反対決議採択が相次いでいることについて「自治体のみなさんの決議・意見は承知していないが、そのことと、この問題とは根本的に違う問題だ」と述べた。 27 県議会といくつかの自治体が外国人地方参政権への反対を可決、 6県議会が慎重な対応 を求める意見を可決、 2県議会が賛成意見を可決している。対馬や与那国島など、国境に接 する自治体で特に懸念さ … 0000009087 00000 n しかし、現在の日本の制度では、国政レベルにおいても、地方自治体レベルにおいても、「日本国民」でないと選挙権・被選挙権は認められていません(公職選挙法9条1項、2項、10条1項)。 0000014652 00000 n

再会のミネラルタウン 冬 放牧, Ana 国内線 機内持ち込み, たこ焼き器 ピザ エハラマサヒロ, ローリングス 投手用 オーダー, なす ピーマン 牛肉 チンジャオロース, 古着 シャツ メンズ, 餃子の王将 生餃子 焼き方, サンエー 弁当 メニュー,